ランサーズ等で納品したWordファイルをWordPressにインポートするプラグイン

ランサーズにしろ、クラウドワークスにしろ、記事の外注でいつも気になるのが、納品形式。WordPressのエクスポートファイルでくれよと言っても、ほとんどのライターさんは対応に困るようで、仕方なくWordでくれと言っていました。

 

WordファイルをWordPressに

それなら仕方ないとWordファイルをコピペして、画像もいちいちダウンロードしてWordPressに突っ込んでいたのですが、だんだん作業効率の悪さに気が付いてくるかと思います。

WordPressにアカウントを作成して、直に書いてもらうのが一番なのですが、ランサーズやクラウドワークスの仕様で、直接取引ができないようになっています。よって、ファイルを納品するという形以外は取れないのが現状です。

ならばインポートできるプラグインを見つけるしかない。と見つけたのが、こちら。

 

Mammoth .docx converter

https://srd.wordpress.org/plugins/mammoth-docx-converter/

こちらもインストールして有効化すればすぐ使えます。設定などは不要です。

記事を追加をクリックし、いつもどおりに記事を作成してみましょう。

すると、画面の下のほうにこういうセクションが現れます。

クリックしてファイルを選択してもいいですし、ファイル直接「ファイルを選択」のボタンへドラッグしてもいいので、早速アップロードしてみましょう。

すると、こんな感じでプレビューが表示されますので、問題がなければそのまま「Insert into editor」を押してコンテンツを記事内に流し込みます。

このようにテキストと画像がWordファイルにある順で全てインポートされました。

画像もメディアファイル内に格納されています。

さすがにH1, H2タグといった置換は、文字サイズから自動的に行うといったような高度な処理ができないため、単なる文字と画像の流し込みにはなってしまうのですが、コピペするよりは若干作業効率が上がるかと思います。

タグ指定などの細かな整形は、どうしても自分の手を動かす必要が出てきますが、なかなか便利なプラグインではあります。

記事などを外注されている方で、WordPressをご利用中の皆さんは、ぜひお試しあれ。

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です