Google Web Designerで誰もカンタンWeb制作 それでもAdobeはまだ生き残る

2013-10-02_093304

個人事業主の方の中には、Adobeのライセンス更新料に頭を抱えている人や、すでにAdobeのPhotoshopやIllustratorは持っているけど、機能が充実しすぎて逆に無用の長物と化してしまったなんて人も多いはず。

このたび、Google公式のカンタンWeb制作ツール「Google Web Designer」のベータ版が公開されたので、さっそくインストールしました。

Google Web Designer」はバナー素材やアニメーション、3Dオブジェクトツールまで備えており、サクサクっと作りたい人にとってはWeb制作の敷居がかなり下がりそうです。

Google Web Designer をインストール後さっそく使ってみたところ…。

 

ん~。。。。

 

Adobeのソフトに使い慣れている人は使わないほうがいいかもしれません…。

まだベータ版ですので、今後改善されていくことを願うばかりですが、やはりAdobeのソフトと比べると安っぽさがかなり残っている印象。かなり荒削りですので、今のところ主要ツールにはしたくないというのが本音です。

ただ、ちょっとWeb制作をはじめてみたいという方や、興味を持った方にはオススメです。

 

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です