スマートウォッチでできること できそうなこと (SIMとか挿したいね。)

さすが日本のスマートウォッチ

 

最近やたらと噂記事などでも盛り上がっている「スマートウォッチ」、日本ではすでに音楽再生プレーヤーと主な機能とした、ソニーのSmartWatch MN2などが製品化されています。アップルやサムソンといった有名企業に続き、4月14日にはマイクロソフト社もこのスマートウォッチの製造に取り掛かっていると米メディアで報じられました。

スマートウォッチに期待できる機能

 

  • 麻酔銃や変声機能といったスパイ工作
  • BTイヤホンなどとペアリングさせて音楽再生
  • SIMカード挿入で通信端末化(これもBTイヤホンで)
  • GPSによる位置情報確認等

音楽再生や通話など、「音」に関することは主にワイヤレスのBluetoothイヤホンやヘッドフォンなどとの組み合わせで利用されることが多くなると予想できます。スマートフォンやタブレットなどの端末と違い、常に腕に装着しているため、即時性にはかなり優れています。本当に必要な情報だけを瞬時に確認するのには最適なデバイスでしょう。ただ、長時間モニター(スマートウォッチの画面)を見続けるという行為は公共の場や、もちろんプライベートな空間でも考えにくいため、いわゆるTwitterやらFacebookやらの他人のどうでもいい近況報告などをフィードとして受信するような機能は正直言って蛇足以外の何物でもないと感じています。ただ、ストーカーにとっては以下略

 

ニュースが読める時計

 

ニュースフィードとしての使用も個人的にはあまり想像ができません。というのも、腕時計サイズのあの小さな画面では見出し程度なら流し読みできても、いわゆる一般的な長さの記事を読むのにはどうしてももう一方の手での「操作」が必要になってしまうからです。電車内で長い時間腕にはめた”すまぁと”な”うぉっち”をもう一方の手で弄繰り回している姿はなんだか滑稽で、不信感すら感じてしまいます。アイトラッキングで操作ができれば!と考える人もいるかもしれないが、やはり長時間腕時計を眺めている姿は端から見るとただの仕事のできなさそうなサラリーマンか、時限爆弾の爆発を心待ちにしている黒の組織の人間ぐらいにしか見えません。

 

20110114162816

ふと面白いネタやギャグが思い浮かんだ時はすぐにスマートウォッチでメモしましょう。

 

返信? 文字入力?

 

アップル・サムスン・マイクロソフト各社はおそらくメッセージの受信・閲覧機能は当然盛り込んでくると予想していますが、いずれは消える機能でしょう。ことメッセージを読むことに関してだけ言えばこのスマートウォッチはスマホやタブレットなどよるもはるかに優れたものとなるはずです。家族や恋人など、ある程度気の知れたもの同士でのちょっとした連絡としては便利かもしれませんが、果たしてその場で返信したくなるでしょうか。

 

音声入力

 

このデバイスの最大の弱点でもある入力方式の制限が、このスマートウォッチをいまだマヌケな端末としての位置づけにとどめてしまっている原因でもあります。もちろんアップルのSiriやGoogleの音声認識技術は言うまでもなく素晴らしい機能だと実感しています。しかしながら未だに街中や公共の場でガジェットというこの無機質な端末に通話以外で話しかけている人間を私はまだ見たことがない。(たまに見かけるソウイウ人たちは見ても見なかったことにしています。)

新たな技術や開発を否定するつもりは毛頭ないということだけはご理解いただきたいのですが、人間はいつまでも本能的な生き物で、どんなに優れた技術でも「ヒト」の情緒や感性といったものを変えるのにはかなりの時間がかかることは、数多くの「未来を先取りし過ぎた企業」の技術を見てきた人にとっては自明のことでしょう。音声認識による文字入力は、技術的に十分盛り込める機能なのですが、日本ではあと30年ぐらいは普及しない気がします。

 

カメラ機能

 

上の画像を参照していただきたい。

 

 

 

通信端末としてのスマートウォッチ

 

SIM挿入による通話機能は、個人的には一番期待している機能で、普段外出時にBTイヤホンやヘッドセットで音楽を聞いたり、電話を受けたりしている人にとってはかなり嬉しい機能になるのではないでしょうか。

最近何かと話題のMVNOの1000円以下のプランなどで運用すればそれほど負担にもなりませんし、ビジネス用途以外でもランニング中の位置情報確認や、Nike+のようなワークアウト系アプリとの連携もかなり期待できますね。

 

バッテリー容量

 

そこで気になるのが肝心のバッテリー寿命なのですが、媒体が小さいため収容できるバッテリーにもそれなりに制限がかかってしまいます。ソニーのSMART WATCH MN2のアマゾンでのレビューを見た限り、バッテリーは1日から、長くて3日間ほど持つようで、あまり心配する必要もなさそうです。

ただ、あくまでもSIMカードを挿入して利用するという仮定での話ですが、Bluetooth通信に加え3G通信を常時行っているとなると、バッテリー消費もそれなりに早くなってしまいます。現在スマートウォッチを開発中と噂されている企業には、是非このデバイスを”スマホの「贅沢な」機能を削り、通信と音楽再生に特価した端末”として開発を進めてもらいたいものです。

 

編集後記および反省

 

ここまでほとんど筆者の妄想を練り上げてきた訳ですが、この記事を書いた動機は、ただ単に色々な人の意見を聞いてみたい、筆者の初心者に毛の生えた程度の想像力で読者の妄想を掻き立てたい、といった割と短絡的なものです。「私ならこんな使い方する」「筆者、お前は間違ってる。」「そもそも売れない気がする。」「ジョブズがいれば…」などなど気軽なものから半狂乱なものまでご意見お待ちしております。

とはいえまだまだ無名なブログなのでコメント自体なかなか着きませんけどね( ;∀;)

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です