海外への滞在期間が長い人ほどMVNOを活用すべき

ちょうど1年前の昨年6月頃から、OCNのMVNOに興味を持ち体験レビューでかなりの反響を頂いたのですが、それ以降は特に魅力的なプランも出てこず、唯一、当時初の通話機能付きMVNOデータプランを提供していた、日本通信の「スマホ電話SIM フリー data」というなんとも覚えづらいプランに切り替えてからは、月額わずか1,700円ほどで非常にストレスフリーなモバイル生活を送っていました。

img1

出先でバンバン固定or携帯電話を発信する社会的ソルジャー達を除いて、MVNOプランは、我々忍びの側の人間からすると非常に輝いて見えていました。

MVNOに出会う前は、月に6千円近くの携帯電話料金を支払ってきたということが今ではとても信じられません。それも、データ通信はほとんど自宅のWi-Fiでしていたにも関わらずです。

当時はまだMVNOの認知度も5%に満たないような時期でしたが、早い時期に OCN モバイル ONE (当時の名称はOCN モバイル エントリー d LTE 980) の存在を知れたことは非常に幸運だったと思っています。

というのも、MVNOを知るためには避けては通れない「SIMフリー」の知識も同時に蓄えられていったからです。

MVNOについて学び始めた当初は、本当に無知だったため、周波数?それなんか大事なの?ぐらいのトーシローだったのですが、ひとたびパンドラの箱を開けてしまった私は、いまや国内の携帯キャリアでわざわざ契約する気にはなれません。

フィリピン移住の自分のライフスタイルの変化も相まって、当時仕入れたSIMフリーの情報が今大活躍しているといっても過言ではありません。

参考:フィリピンSmartのLTEが容量無制限で使えているようなのですが、、

(今も月額わずか2,300円で、現地のLTEを容量無制限で楽しめています。)

 

こちらフィリピンでは日本で愛用していたNexus 4, 5, 7 (すべてSIMフリー)が、フィリピン国内の主要携帯キャリアのLTE・3Gバンドに対応しており、たまに日本へ帰るときも機内でSIMを差し替えるだけですぐ日本のMVNOプランを使うことが出来ます。

日本で 1,700円, フィリピンで2,300円 (通話はほとんどViber / たまにViber Outをチャージ)、それでも4000円(+α)と、MVNOに出会う前の料金と比べてもかなりおトクです。

日本にいる間はほとんど自宅に篭って作業しているような私にとっては、月500円以下のデータプランだけでも十分と言えば十分なのですが、一応社会的な体裁を保つために携帯電話番号は所有している必要があります。

 

SIMフリーと移住しよう

 

確かにフィリピンへ来たときはSIMカードのロードの仕方などに戸惑いましたが、そんなもの何度か処理していけば後は息をするようにロード&プランの申し込みがスマホひとつで出来るようになります。

それに、最近では海外移住者のブログから情報を仕入れることも容易になってきているため、旅行や移住前に情報を収集してすぐに現地SIMを利用できたりと、SIMフリー海外利用のハードルも年々下がって来ているかと思います。(対応周波数のチェックだけは念入りに行いましょう^^;)

 

語学留学・ワーキングホリデーにも

 

日本にもようやく国際化の波が押し寄せているように、年々海外へ語学留学や研修・ワーキングホリデーに行かれる方は増えているようです。私は現在フィリピン不動産の事業に携わろうと毎日勉強中ですが、やっぱり現地の人と連絡するためには現地のモバイル事情にもある程度精通している必要があると感じます。国際ローミングで十分!という人もいるかもしれませんが、現地の人から電話がかかってくる確率はガクっと下がるかと。。

同様に語学留学に関しても、緊急時の電話や連絡手段の確保など、最低限自分で調べておくべきことはあると思います。

日本国内だけの通信手段に依存していると中々日本国外の環境に適応できず、結果的にコストも嵩んでしまいます。総合的に考えてさっさとSIMフリーに切り替えておくことが賢明かと思います。

現にソフトバンクやau, ドコモ以外にもSIMフリー端末をプランとセットで提供する会社も最近になって非常に増えてきました。

 

国際化の波は、日本のモバイル市場にも確実に訪れています。

 

まだ自分にとって最適なプランを見つけていないという方は、今からでも遅くありません。OCN, 日本通信, IIJmioとにかく色んな会社のプランを比較してみましょう。

すぐに自分にあったプランが見つけられると思います。

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です