Windows8タブレットもついに価格破壊か わずか1万円の「Emdoor EM-i8080」とは

最近ではLTEスマートフォンの低価格競争が目立ちますが、Windows8 搭載のタブレットの価格破壊も、ついにここまで来たかと言う印象。

Emdoor EM-i8080は、Windows8搭載タブレットとして現在最も安い 100ドル。わずか1万円とちょっとでWindows8タブレットが持てるのは素晴らしいですね。旅先で万一ノートPCが故障してしまったという場合でも、これでなんとか代用できそうです。

emdoor-em-i8080

スペック

画面: 8 インチ(1280 x 800ピクセル)

プロセッサ: 1.33 GHz Intel Atom Z3735G Bay Trail

RAM: 1GB

容量: 16GB SSD

拡張: マイクロSDカードスロット、ミニHDMI、マイクロUSBポート

重さ: 0.35kg

 

Windows8搭載で、2GB メモリ以下、そして容量も 32GB というタブレットを見ることは今まで無かったと思いますが、マイクロソフトがOSのディスクスペースを減らし、メモリ消費も抑えたことで、今回の思い切ったスペックが実現できたのではないでしょうか。

インストールするアプリの数などはかなり限定されてくるとは思いますが、それでもRTのように機能が制限されているわけではないので、サブ機として特定の用途でしか使わないという場合であれば、かなりコストパフォーマンスの良いWindows8搭載のサブ機となりそうです。

幸い、マイクロSDカードによる拡張もできるので、転送速度こそ気にしなければ動画や音声、大容量の画像ファイルなどをしまっておくことも可能です。重さわずか350グラムという数字を見た時は一瞬目を疑いましたが、128GBのSSDを搭載している10インチタブレットのSurface Pro3が重さだいたい800グラムですので、まぁ現実的な数字なのでしょう。

Emdoor という聞きなれないメーカーではありますが、今後のWindowsタブレットの低価格競争に拍車をかけてくれそうで期待が持てます。日本どころか米国内での発売も未定ですが、「Emdoor EM-i8080」の今後の動きに注目が集まります。

インドやフィリピンで売ったらかなり売れそうですね。

 

 

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です