わずか1万3千円台のSIMフリースマホ「Sony XPERIA E1 Dual D2105」のレビューが良い感じ

Amazonではすでに3つもレビューがついていますが、☆2つ以下のものは現時点ではありませんね。この安さなのであまりシビアに考える人も少ないのでしょう。

【海外版SIMフリー】 Sony ソニー XPERIA E1 Dual D2105 【dual デュアルSIM】 [並行輸入品] (ブラック)

デュアルスタンバイではないようなのですが、ソニーの音声技術 xLOUD・クリアベース・クリアステレオを搭載しており、ウォークマンボタンによるWalkmanアプリの起動も簡単です。

スペック

  • 2G :GSM 850 / 900 / 1800 / 1900、3G :HSDPA 900 / 2100 -D2105
  • サイズ :118 × 62.4 × 12 mm
  • 重さ:122 g
  • ディスプレイ :4.0インチ (480 × 800) TFT capacitive touchscreen
  • OS :Android4.3
  • CPU :Qualcomm MSM8210 Snapdragon 200 Dual-core 1.2 GHz
  • RAM :512MB
  • 内蔵ストレージ :4GB
  • Bluetooth :v4.0 with A2DP
  • Wi-Fi :802.11 b/g/n
  • バッテリー :1,750 mAh

 

購入者のレビューを見ているところ、OCN モバイル ONEとの組み合わせで使っている方が多いようです。WALKMAN代わりとしての利用や、LINEやラジオなどのちょっとしたアプリを入れて使う分には非常にコストパフォーマンスに優れているのではないでしょうか。

画面が小さいので片手で操作しやすく、デザインもXPERIAの中ではコンパクトで良い方でしょう。ちょっとNOKIAのスマホを彷彿とさせますがw

 

 

日本語キーボード

 

日本語キーボードが入っていないらしいので、PCでPOBoxなどをダウンロード後、SONYPCコンパニオン(インストールする)を使ってXperiaにコピー、FileCommander(最初から入ってる)を使って、インストール実行すればOK。

引用元: Amazon カスタマーレビュー

 

 

海外でのみデュアルスタンバイ

 

一応ドコモとソフトバンクのネットワークに対応していますが、片方が2G通信なので、いちいちsimを切り替える必要があります。片方のsimをWCDMAに設定すると、もう一方がGSMになるので、日本での使用では、基本的に1つのSIMだけで運用するものと考えたほうが良いでしょう。ソフトバンクの通話プランとOCNモバイルONEで運用したい場合は、後者を常時WCDMAにしてデータ通信をメインにするか、もしくは待ち受け専用でソフトバンクのSIMを常にWCDMAに設定するかなど、使い方によっても設定の仕方が変わってきます。

※2つのSIMを両方ONにしておくと電波干渉が起こってしまうようです。切り替え時は使わないSIMをオフにしておきましょう。

私が現在いるフィリピンではデュアルSIMケータイは非常に重宝しているので、日本・韓国以外の国々へよくいかれる方は海外用スマホとしてもオススメです。

 

 

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です