SIMフリー 「Moto G」に関するまとめ 【Motorola】

moto-g

 

SIMフリー端末の購入を検討されている方の中の多くは、SIMフリー=サブ機という位置づけをしている方が多く、どうしても値段のせいで踏み切れないという人も少なくないはず。

今回は「Motorola」から発表された格安SIMフリースマホ、「Moto G」についてまとめておこうと思います。

 

スペック (2013年11月16日追記)

 

画面サイズ: 4.5 inch HD

プロセッサ: 1.2 GHz Qualcomm Snapdragon 400 (クアッドコア) CPU

グラフィック: Adreno 305 グラフィックス

ストレージ: 8GB / 16GB

カメラ: 背面 500万画素(LEDフラッシュ付)、前面 130万画素

※スローモーション、パノラマ、自動HDRモードも備える。

無線: IEEE 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0

バッテリー: 1,950mAh (通常の使用で最大24時間)

価格: 8GBモデルが179ドル、16GBモデルが199ドル

※2年間無料で「Google Drive」の50Gバイトを利用

サイズ: 縦129.9mm、幅65.9mm、厚さ11.6 mm(最厚部)

重量: 143g

 

背面カバーは自由に着せ替えることが可能で、Verizon Wireless 公式サイトの 「Moto Maker」では、事前にカスタマイズ後の価格をシミュレーションすることもできます。

バックカバー、フロントパネル、ボタン・カメラリングのカラーリングの組み合わせなど、2,000通りもの組み合わせの中からを選ぶことができます。

2013-11-12_102850

 

 

価格

Amazon.co.uk の商品ページには、Moto Gのモデルナンバーは「XT1032」で、日本円では約2万円。Nexus 5ほどのハイスペックとはお世辞にも言えませんが、その分SIMフリーを検討されている方にとっては嬉しい価格設定となっているため、日本でも発売されればかなり人気が出るかもしれませんね。

残念ながら現時点で周波数が不明なため、Amazon.co.uk で買うべきか、 Amazon.comで買うべきか、はたまた日本での発売を待つかの判断は11月13日の公式アナウンスにすべてゆだねることとしましょう。

 

 

 

Nexus 5のお話

 

ここからは「Moto G」とは関係ないので、さらっと読み流しちゃってください。

現在私は「Nexus 5」をOCNの「OCN モバイル ONE 30MB/日」にて運営していますが、IPフュージョンでの050発信、受信ともに不具合なく、バッテリーの消耗も思ったほどありません。唯一SIMを使っていて不自由と感じる可能性があるのは、緊急電話がかけらないぐらいです。

ただ、「ツイッター、LINE…SNSから「119」 消防庁が来年、試験運用へ」というニュースにもあったよう、そろそろ電話以外での手段で緊急通報ができるようになるものと考えられます。

ですので、緊急電話のせいでSIMフリー端末への切り替えを悩んでいる方がもしいましたら参考にしてもらえると嬉しいです。

 

今後もSIMフリー布教活動は続けていきます、「世界のぼっち」でした。

 

あわせて読みたい

 

 

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です