Xi対応で安価なSIMフリースマホ「Optimus LIFE L-02E」 MVNOユーザーの救世主となるか?


Xi対応で長時間バッテリー、おまけに価格も2万円ちょっととお手ごろなのになぜかあまりフィーチャーされていないドコモのSIMフリースマホ「Optimus LIFE L-02E」。

今回はそんなちょっとカワイソウな端末にスポットライトを当ててみたいと思います。性能はそこそこいいと思うんだけどね…。

 

スペック

 

  • CPU:Snapdragon S4 1.5Ghzデュアルコア
  • RAM:1GB
  • ROM:8GB
  • DISP:4.5int 720*1280
  • BATT:2100mAh
  • 防水・赤外線・おサイフ

これらに加え、

  • Xi対応
  • 安い
  • SDカードスロット

なのにこの人気のなさはいったいなんなの!逆に気になって記事にしたくなってしまいました。

 

・Xi対応

 

おそらくこの端末最大のメリット、「Xiエリア対応」。まぁドコモ純正なので当然と言えば当然なのですが。Nexus4と比べて電波のつかみは良いのは自明でしょう。通信エリアに穴が開きづらいという点を考えると、MVNOユーザーにとってはNexus4よりも魅力的に見えるかもしれません。

 

・バッテリ容量

 

私が現在愛用しているNexus4のバッテリー容量も2100mAhと、このへんは十分すぎるバッテリー容量。

 

・防水対応

 

ここらへんはもう通信とかMVNOとかとは関係がなくなってきますが、MVNOユーザーの共通点として、メインの携帯は普通に3大キャリアで契約、予備や旅行用としてSIMフリーを購入という方が多いかと思われます。

予備の携帯はなにかと雑に扱われがち。メインの端末は高かったので、予備のSIMフリーをレジャー用にと使い分けている人も少なくないはず。防水機能はそんな雑な(?)使い方をされる機種にピッタリの機能でしょう。(なんか泣けてくる。)

 

・ソフトウェア(おまけ)

バックアップと復元機能付きですので、万一予備のほうの連絡帳にしか入っていない連絡先などを誤って削除してしまった場合も、復元機能を使って簡単にバックアップできます。

 

まとめ

 

MVNO用途としてならスペックは十分すぎる端末。Xi対応でバッテリー2100mAh,SDカードで容量拡張可能。

なんで人気がないのかちょっと不思議な端末、「Optimus LIFE L-02E」。iPhone5Sの陰で泣くドコモの隠れ名機種のご紹介でした。

ナムナム

 

 

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です