Rockchip CPUもAndroid上でのマルチウィンドウに対応予定とのこと

MK808やMK802シリーズを愛用しているユーザーにとってスクリーン上でのマルチウィンドウ機能は喉から手が出るほど待ち望んでいた機能ではないでしょうか。

マルチタスク自体はAndroidだけでなくiOSなど最近のスマートフォンやタブレットのOSでは必須の機能と言っても過言ではないのですが、同一画面上で複数の作業を行うというのはCPUやGPUなどのスペック上課題が多かったのも事実。

現在中国のメーカー「Chuwi」が、WindowsやMac OSなどのようなマルチウィンドウ機能に対応させたタブレットの開発中とのこと。

ちなみにこの機能は「Chuwi」独自のものではなく、CPUメーカーの「Rockchip」によるものなので、開発ソース等がオープンになれば、当然RKchipを搭載したデバイスすべてで利用することが可能となりえます。

 

 

rwin_01

画像のように複数の小窓を同時に開くことができ、かつウィンドウサイズの拡大、縮小・好きな場所への移動など、ありとあらゆることがWindowsやMac OSのようにすることができるとのこと。

rwin_03

すでにPopup Player for YouTube のようにYouTubeのみを画面にポップアップさせることは可能ですが、正直言うとスマートフォンのサイズではあまり実用的ではない感じがします。(TwitterやFacebook上のYouTube動画を見るときなどはとても便利です。)

ただ、タブレットやセットトップボックスにとってはとても優れた機能になるのは間違いないでしょう。

ソース:HQSQ

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です