Nokia 130のGSM周波数はアメリカ国内の帯域と一致せず

nokia-130

つい先日発表されたばかりのノキア製格安フィーチャーフォンですが、デュアルSIM スタンバイのケータイがわずか25ドルということで注目を集めています。

しかし、25ドルと表記されている割にGSMの周波数がアメリカやカナダとは一致せず、それらの地域を外すかのようにオセアニア、アフリカ、アジア(日本韓国北朝鮮を除く)、欧州には対応しています。

バックパッカーなどは万が一のために持っていてもいいかもしれませんが、単体ではデータ通信が絶望的なため、どちらかというと海外を飛び回っている商社マンケータイでしょうか。

25ドルなら紛失してもあまり痛くないですしね。

ディスプレイサイズはわずか1.8インチと、動画を見たりするにはかなり厳しいサイズかもしれませんが、106 x 45.5 x 13.9 mmの極小サイズは音楽プレイヤーとしても活躍すること間違いなしです。ストレージが32GBまで追加できるので、音楽を良く聴く人にはちょうどいいかと思います。

レノボなどからもSIMフリーデュアルスタンバイが1万円以下で販売されていますが、スペックが非常に中途半端です。

Nokia 130は8月に発売されると一部メディアで予想されていますが、海外出張の多い方は見かけたら即購入してもいいんじゃないでしょうか。

iPhone やNexus といったシャイニーな端末を使っているという理由だけで狙われるケースも海外では頻繁に起こっています。

幸い私はまだ被害にあっていませんが、フィリピンでケータイを盗まれた!という人のほぼ100パーセントがiPhoneだったりします…。

そういった側面からも、こういった格安フィーチャーフォンは今後も需要が伸びていくのではないでしょうか。

P.S

先月フィリピンでNokiaの型落ちGSMデュアルSIMスタンバイを、7000円も出して購入した私としてはフクザツな心境…。

 

 

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です