Surface Phone? Ubuntu Edge? スマホでデスクトップを携帯するということ

apc-paper-firefox-os

スマホをデスクトップに!

 

スマホにWindows OSを搭載して旅先でモニターにつなぐだけで簡単にデスクトップができたらいいなぁと考えたことありませんか? 以前ご紹介したUbuntu Edgeや、今年中には正式にアンドロイドアプリとしてGoogle Play Storeにて提供される Ubuntu for Androidなど、Android OS上でUbuntuを稼動させ、モニターなどにドッキングしてデスクトップ感覚で使うというコンセプトが広まりつつあります。(Ubuntu Edgeプロジェクトは2014年市販化をめどに現在も進行中)

 

Ubuntu 以外にもFirefox OS、Boot 2 Gecko, Picuntuなど、メモリやグラフィック性能が低スペックでも軽快に動作させることが可能なOSの開発も進められており、(最低限の仕事ができる) デスクトップの小型化は益々熱を帯びていきそうです。

 

小型デスクトップはこの先生き残れるか?

 

最近ではIntelからNUCという小型ベアボーンも発売され、Haswell版だi7だと一部では人気のようです。私も小型PCには目がなく、現在メインとしてNUCのi5 版を使用しているのですが、結局電源アダプタがないと動かないんですよね。モバイルデスクトップ(もはやゲシュタルト崩壊)として使用するなら、電源アダプタを持ち運ぶのはやはり無粋だなと思ってしまいます。

省スペースPCとして自宅でしか使わない!という場合なら処理速度も一般的なデスクトップと同程度で、静音性も良いのでかなりオススメではあります。また、高性能で省スペースという魅力からしても、今後も需要は増え続けることでしょう。

 

 

Windows OS搭載スマートフォンはいつ出るの?

 

Windows Phoneなど認知すらしない私ですが、Surface Phoneなる噂を耳にしてからはようやくマイクロソフトの本気が見れるかとひそかに胸躍らせています。最新のWindows OSを搭載したスマートフォンを旅先のモニタにつないで仕事をする。

 

カッコイイですね。

 

 

Office Word, Excel, Power Point, Adobe Photoshop, Fireworks、とにかくいろんなソフトが動かせるOSが手軽に持ち運びでき、あとはWi-Diやリモートデスクトップ、もしくはラップトップなどに直接ドッキングして使用するといった形にしてしまえば、もうタブレットのサイズが何インチだとか、CPUがどうとか、どうでもよくなってしまいそう。

今後はOSを搭載した端末は1つだけ、他は単なる出力用デバイスとしてタブレット、ラップトップを携帯、というカタチに移行していくのかもしれません。

 

 

丸められるモニター

液晶とか丸めて何がしたいの?ぐにゃぐにゃして見づらいだけじゃん。と思う方もいるかもしれませんが、折り曲げられることによって得られるメリットって、やっぱり携帯性以外に無いんですよね。

11インチ、13インチの液晶モニターが卒業証書の筒にいれられるようになったら、それにスマホ(OS)をドッキングして作業。また、Surface のタッチカバーのようなコンセプトのキーボードも丸められるようになれば、薄さ数ミリのモニター+キーボードがこれまた卒業証書の筒に収まってしまいます。

 

 

電力供給は?

 

スマホにつないでオッケー。が理想です。。。。

 

 

卒業証書の筒型ラップトップ

 

なぜ私が卒業証書の筒から離れられないかはまた次の機会に譲るとして、バッテリー、CPU搭載のスティック状のデバイスからこの折り曲げられる液晶ディスプレイとキーボードがうにゅーんと出てくる感じ(プロジェクターのスクリーンみたいな感じ)のラップトップがそろそろ出てきてもいいと思うんですが、まだ遠い未来なんでしょうか。私にはそうは思えませんが。

 

 

 

さいごに

 

Linuxに限っていえば、今や3,000円でデスクトップPCが買えてしまう時代。各メーカーからは新たな需要を、とウルトラブックやNUCのような新規格は定期的に現れるものの、ここ数年あまり大きなパラダイムシフトがされていないと感じます。夢見るガジェットヲタとしてはなんだか刺激の足りない日々を悶々とすごしております。 そんなワケでこんなチラシの裏に書く様な内容の記事をアップしてしまいまいたが、この場で何か意見交換やディスカッションができれば楽しいなと思っただけなんです。

 

だから許してください。

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です