夏の防水ガジェット 2014年

日本にいた頃は夏は自宅に引きこもってた記憶しかありませんが、フィリピンに移住してからは毎日が夏みたいなもんでおまけに外出する機会がかなり増えてきています。

また、6月から雨季に突入したので持ち歩くガジェットにも気を遣います。

【フィリピンでも役立つ】梅雨の防水ガジェットと水濡れ対策

それなら最初から防水ガジェット買っちゃえば良いんじゃ、ということで2014年上半期、夏の最新防水ガジェットをご紹介。

 

Samsung Galaxy S5

waterprooftech_samsunggalaxy_article
リゾート地などへ行く機会も増え、スマホでの撮影シーンもかなり増えてきましたが、やっぱりケータイが水に濡れて使い物にならなくなるの絶対に避けなくてはならない事態です。

とはいえ、防水ケータイでそれなりにスペック的に満足できるものは少なく、現状 サムスンのGalaxy S5 ぐらいかなといった印象。画面が少しデカいですが、SIMフリー版もあるので海やプールへ頻繁に出かけてアクティブに写真なり動画を撮影しまくりたいという方には是非オススメです。

 

 

Sony Cybershot DSC-TX30

waterprooftech_sonycybershot_article
増税後から便乗値上げしたかなという感が否めませんが、それでもこの Cybershot DSC-TX30 の人気は衰えを知りません。性能もさることながら、洗練されたデザインはデジカメ初心者にとってはかなり満足のいくものなのではないでしょうか。何より防水機能付で高画質の写真が撮れるのはアウトドア派の人からするとこれ以上ない製品でしょう。

ソニーのサイバーショットは買おうと思ってから何年も経っているのですが、毎回魅力的なスペックにアップグレードされるのでいつも機会を逸してしまいます。  ^^;

 

 

GoPro Hero3+ Black Edition with Dive Housing

waterprooftech_gopro_article
こちらはもう言わずと知れたウェアラブルカメラの代名詞ですが、日本のTV局でも採用されたり、多くの高画質で魅力的な動画がYouTutbeに上げられていたりと、世界各地で Go Pro 人気が過熱しています。改良を積み重ね、現在では「GoPro Hero3+」が販売されています。防水ケースは別売りなのですが、サーフィンやクライミング、パラセーリングなど、様々な画面で活躍してくれます。

 

 

TDK LoR Bluetooth 防塵・防滴ワイヤレススピーカー A33

91gUhPyIHOL._AA1500_
こちら、正確には「防水」ではないのですが、スピーカーを水中に沈めて使うような人意外は、必要十分な防滴機能を備えていると思います。色はブラックとホワイトの2色から選べ、重さもわずか200グラムと、持ち運ぶのにもそれほど苦になりません。

 

 

USBフラッシュメモリー 32GB 防水防塵 USB2.0

51bLEDBdfoL
残念ながらUSB3.0対応ではないのですが、その一見USBフラッシュドライバとは思えないような洗練されたデザインと、携帯性から、オシャレアイテムとしても注目を集めそうです。川辺でラップトップを開くようなそんなノマド男子にオススメです()

 

Xperia Tablet Z2


ビーチサイドでタブレットいじりも中々悪くないものです。他にも見るものがあるだろうというツッコミはさておき、ガジェット好きは常に手元にガジェットがないとソワソワしてしまうものです。リゾート地で日光浴する金髪美女を尻目にタブレットいじり、そんな生き方も悪くないでしょう。

なんだかソニー製品に偏った感じが否めませんが、Qi充電やBluetoothファイル転送などの性能がもっと向上してくれれば、今後も完全防水ガジェットのラインナップもどんどん増えてきそうですね。

 

 

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です