フィリピン移住・不動産入門

condo-rockwell01-opti

フィリピンへの移住を希望している方々へ向けて、フィリピンでの不動産契約の基礎知識についてまとめてみました。

情報はほとんどすべてが英語で仕入れられるので、タガログ語がわからなくても物件探しにはそれほど苦労しません。最悪、レアジョブ無料体験などで知り合いを作ってから、現地で一緒に不動産を見て回ってもらうなんてこともできます。

オンライン英会話レアジョブ

 

 

トラブルは未然に防ぐ

 

なんといっても海外移住する場合、必要不可欠な「住宅」。それだけに最も多いトラブルが多いのも事実。

海外の場合は、日本と違って外国人名義での土地取得ができない場合も多く、フィリピンはまさにそういったルールが不動産業界にあります。英語が堪能であれば日本人だけで価格の交渉は可能かもしれませんが、日本人だけでそれも拙い英語で交渉となると、値段をふっかけられる場合もしばしば。

現地に信頼のできるフィリピン国籍の友人なり、ビジネスパートナーがいる場合は比較的好条件の物件を手に入れることもできますが、不動産知識もなく、英語もイマイチ…という方はまずは現地の知り合いを作っておくことからおすすめします。

 

 

外国人でも簡単に契約可能な賃貸不動産

 

フィリピンでは、賃貸物件の場合はまず外国人の契約に制限があることはありません。日本と同じように賃貸契約できま
す。

外国人向け物件の場合は、比較的に割高な「外国人料金」が設定されていることもしばしばあるので、「価格交渉」は絶対にすべきです。(と現地の知人は言ってました。) 基本的に外国人の日本人に対するイメージは「おとなしい」、この一言に尽きます。極限まで値切って、なんとか現地の相場に見合った家賃まで引き下げる努力が必要です。

また、契約の段階ではそれで良しとなっても、急に値上げを要求してくる大家さんもいたりするので、契約書をしっかり読んでから、こちらにとって不利な部分がないかしっかり確認しておく必要もあります。そして、不満な箇所があれば随時契約書に書かれている内容を変更してもらいましょう。

 

コンドミニアム、分譲アパート

 

おそらく短期滞在予定の日本人にとっては、コンドミニアム(分譲マンション)や分譲アパートなどの共同住宅は、最良の選択肢ではないかと思います。

http://www.sulit.com.ph/

http://www.condo.com.ph/

上の2つはフィリピンの不動産物件のサイトですが、ここでおおまかに相場を調べておくこともできますし、内装などの雰囲気も把握できます。とはいえ、あくまでも写真だけですので、防音性やその他の環境についてはやはり自分の目で確認する必要があります。

※1 日本 円 = 0.44003 フィリピン ペソ (2013/10/20 時点)

 

絶対にしてはいけないこと

 

上にも記したように、外国人に対しては不動産契約の制限は意外と大きいです。現地の人間からしてみても、先進国からきた人間に土地を買い占められるのは避けたいため、物価の安い国では当たり前のことなのですが、不動産エージェントはそれを逆手にとって、「フィリピン人名義なら安く購入できる。」といった誘いをかけてくることもあるそうです。

説明するまでもないとは思いますが、契約者名義が居住者本人でない場合、確実にあとでトラブルになります。

ですので、契約者名義はかならず本人でし、そういった誘いをかけてくるエージェントとの交渉は早いうちにあきらめ、次の物件を探すことをおすすめします。

 

 

物件チェック項目

 

日本での物件探しとの共通点は割愛させていただきます。(騒音、病院へのアクセスなどなど)

 

  • 自家発電システムがあるかないか

(フィリピンは停電がとても多いです)

  • セキュリティがしっかりしているか

(マカティなどは比較的安全な地域だそうですが、それでもフィリピン全体としてみると、日本より治安がよくないのは確かです。)

  • 調理器具は電気かそれともガスか

(フィリピンの電気代は日本より高いのでこのへんも契約する前にきちんと確認しておきましょう。)

  • 水道料金も同様にチェック

(水道料金の値段はコンドミニアムによってずいぶん違うので、電気・水道の月々の費用を把握しておかないと後悔するかも…。)

  • ユニットのオーナーやエージェントが親切な人か感じの悪い人かどうか

(もうここは人間のカンで探るしかありません。陽気なイメージの強いフィリピン人、でもみんながみんな良い人でありません^^;)

  • 雨が降ったらすぐに洪水になる地域か

(マニラではときどき洪水があり大都会にもかかわらず、水がひざ下までくることもあります。もしも洪水地域なら少し道路に対して店が高い位置にあったりします)

 

 

価格交渉の基礎知識

 

不動産に限らず、契約前の段階では、「他にも良い物件を知っている。」ということは常にアピールする必要があります。

「よそのエージェントはここより好条件で安く提供してくれるそうだ。」など、最悪でっちあげでも良いのでエージェントに探りを入れて、ギリギリまで下げてもらいましょう。なんとか契約に結び付けようと考えているエージェントは、こちらに連絡を取り続けてきます。逆に連絡が途絶えてしまうエージェントもいますが、そういったエージェントはもう「脈ナシ」と判断して、こちらからは連絡をとらないようにしておきましょう。

 

最低限のラインを探すのは少し骨が折れるかもしれませんが、現地の人間と同じ価格で契約できるまでは粘ってみる価値はありそうです。

 

参考:海外移住情報 (http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/re.html)

 

海外投資プチ入門 フィリピン編

 

2014年4月追記

フィリピンコンドミニアムの販売仲介業務はじめました。AlveoやDMCI Homesさんと協力して、物件販売のお手伝いをさせていただきます。フィリピン不動産購入 賃貸物件検索サイトの方もよろしくお願い致します。

 

 

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です