ロシアの首都モスクワでSIMフリーiPhoneを使うのに最適なプラン

beeline_right_vector_cs4 (1)

まずはBeelineのSIMを入手

こちらのロシアプリペイドSIMページでも紹介しましたが、Euroset, Svyaznoyなどの店舗でBeelineのSIMカード入手するのが一番ラクでトラブルも少ないです。また、今回はSIMフリーのiPhoneを「モスクワ」で使用する最適プランの紹介ですので、首都以外の都市や、いわゆる田舎の方へも行く方にはおススメできません。

 

やたらと黄色いお店の「Euroset」(Евросеть:えぶらしーち)

Евросеть

マスコットキャラクターも黄色いわんちゃん

 

カラフルなSvyaznoy (Связной:すヴぃずのぃ)

связной

店内もカラフルですが、こちらの方が落ち着きますね

上の2つのお店どちらかに入ったらまず、店員さんに「Beeline, Prepaid」2つの単語を言えばとりあえず案内してくれます。

使っている端末を教えてくれと言ってくるので、言われるがままに端末を見せましょう。

経験上APNの設定→アクティベーションまでお店の人がやってくれます。

 

店員にまかせっきりもいいですが

 

もし余裕があれば、購入の際にデータプランやコールプランのついていない、一番安いSIMを買ってみましょう。(データの追加ができるもの)

そして店内の端末(チャージ用)にて295ルーブルのデータ容量無制限プランをチャージしましょう。

最初の500MBまで3G回線(最高速度 2Mbps) で利用でき、それ以降は64kbpsまで落ちますが、1ヶ月間容量無制限で使用できます。(ちなみにモスクワとサンクトペテルブルク以外の都市では購入できないプラン)

 

2Mpbsって速いの?遅いの?

 

しかし最高2Mpbsはちょっと厳しいな…という方は頑張って店員さんに色々聞いてみましょう。

現在サブ機としてGoogle Nexus4を日本国内MVNOで128Kbpsのプランを使用していますが、画像の表示が遅いと感じるぐらいで、テキストのみなら十分すぎる速度です。また、データ容量500MBは少なくとも1週間の滞在ではめったに使い切れない通信量だと思います。

現地の知り合い曰く、ロシアにはロシア人向けの料金設定と、観光客向けの料金設定というものがあらゆるお店で存在しているらしく(特に露店)、ある程度信頼のおける店舗以外ではSIMなどの購入は行わない方が無難でしょう。

また、日本語はなにより、英語も通じない場合が多いため、やや割高のプランを購入させられてしまったりという事も少なくないです。ロシア語はある程度知っておいた方が良いのは言うまでもないでしょう。

管理人自身ロシア語会話はまだまだ未熟なのですが、読み書きにはそこそこ自信がついてきたので、またプランの変更などがあれば各サイトをチェックしつつブログの方を更新していこうかと思います。キレイな女性の多い国なので、男性にとっては言語習得のモチベーションが維持しやすい言語かとも思います(体験談)。とにかく、渡航前ににお店でのやりとりぐらいは勉強しておいて損はないでしょう。また、現地では筆記体を目にする機会も意外と多いので、名前ぐらいは筆記体で書けるようにしておくと、現地の人に「コイツデキル」と一目置かれるかもしれません。

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です