台湾の格安ホテル「NEOSOHO」が便利過ぎて感動した

台湾到着後はQ-Timeにて仮眠後、ASUSにZenbookの修理をお願いして、その足で台北のカプセルホテルっぽいSOHOスペース「NEOSOHO」に行ってきました。

台湾の感想ですが、なんかもうほとんど日本みたいで、特に感動とかありませんでした。。。
2014-10-30 11.34.17

Taipei Main Station (いわゆる台北駅)から歩いて3分もしないところにこの「NEOSOHO」はあります。

Mドナルドの建物が見えたらそのすぐそばにNEOSOHOの看板が見えると思います。

 

地図


建物の中はこんな感じ。

2014-10-30 11.38.18

とりあえずエレベーターでタラそのまま正面に向かいましょう。

 

2014-10-30 11.39.35

スタッフは日本語英語対応とホームページでは確認できましたが、実際は英語が話せるスタッフが一人

 

2014-10-30 11.41.36 2014-10-30 11.41.42

 

ロビー付近には仕事をしているスーツ姿の方なども多く、コーヒーなどの飲み物は飲み放題です。

部屋がずらーっと並ぶ空間は、日本のカプセルホテルほどではないものの、やっぱり入ってからは完全にリラックスはできません。仕切りはもちろんありますが、キーボードを叩く音などはどうしても耳に入ると思います。

部屋の中はまさにホテルの縮小版みたいな感じで、金庫もあれば歯ブラシ・スリッパ・耳栓・バスタオルなどほとんどなんでもあります。

なんでもあるのは個室だけでなく、共用のトイレ・シャワールームもです。

イチバン驚いたのは、アイロンまで貸してくれるというところ。万が一シャツなどが鞄の中でしわくちゃになってしまっても、アイロン台でピシッとできます。

2014-10-30 12.02.17

また、大きな荷物は預けておく事もできるので、普通に格安ホテルだと思って利用してもいいんじゃないでしょうか。

洗濯機・乾燥機も有料ですが利用可能。

フィリピン不動産内見の癖で、やたら写真をとりまくってしまいましたが、基本的に人がいないときを狙って撮影してます^^;

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です