フィリピンのノマドってこんな感じですか?よくわかりません

IMG_20140826_123626

首都マニラのあるルソン島北部、イロコス地方にあるビガンという都市へラップトップ持参していってきました。今回は彼女の祖母が亡くなったとのことで葬儀へ参列し、その後めちゃくくちゃキレイな海を見てきました。

このブログもビガンの農家のおうちでSMARTの3G回線を利用して書いていますが、ブログ更新中も頭の周りをハエがぶんぶん飛び回っています。さすがにもう5か月もフィリピンいるのでハエとか慣れましたが、それでもやっぱりマグカップのフチにハエが止まっているのを見ると、自分が日本人であったことを思い出させてくれます。

ちなみにイロコスの場所はここです。

 

日本の田舎とそう変わらない気がする

 

IMG_20140826_080702

ASUSでドザ顔、それがボクのスタイル

首都マニラは、もはや工夫次第で日本での生活とほとんど変わらない生活が送れるので、こちらのブログでも特に不満を漏らしたりはしていませんが、地方での暮らしに関しては、日本と同じで移動手段がないとかなり厳しいです。幸い今回滞在している場所は最寄りのコンビニ&モールまでバイクで10分と、田舎にしてはなかなか好立地なのですが、車もバイクもなしで生活するとなるとかなり厳しくなるでしょう。

ネットワーク環境もそこそこ良好

IMG_20140826_082925

田舎では2G通信がデフォかと思ってましたが、意外と3G包囲網広いです。中国から11000円ほどで取り寄せたファーウェイのSIMフリーLTEルーターですが、3Gアンテナ5本立ってます。

IMG_20140826_123542

 

 

特に何もないが不便もない

 

私は、ペンとラップトップとインターネット環境さえあれば生きていけるというかなり偏った人間なので、あまり参考にはならないかもしれませんが、シャワーがないバスルームでも十分事足りますし、そもそも仕事以外では滅多に外出しないので、コンビニまでバイクで十分でもそんなに気にならない気もします。

こちらの人間は田舎に限らずお互いに助け合って生きているので、野菜や魚、家の修理なんかも親戚・友達のよしみでいくらでも調達できてしまうようです。

 

 

外国人はやっぱ都会に住むのがいいかも

 

たとえ知り合いがいたとしても、フィリピンの片田舎でノマド生活しろと言われたらちょっと厳しい気がします。最初は楽しめるかもしれませんが、洗濯はポンプで水を汲みながら洗濯板を使ってしてますし、マニラのようにコンビニまで歩いて数分という好立地な住居だと家賃もそこそこします。

マニラやセブのITパークなど、すでに多くの外国人・日本人が住み着いている地域でとりあえずノマド生活してみるのがいいかもしれませんね。

食事に関してはマニラは安くておいしいお店がたくさんありますし、公共料金の支払いやらビザの更新なんかも施設の数が多いため、地方と比べると相当気楽に生活できます。

 

 

やっぱマニラ最高

 

結局マニラ推しの記事かよとまた非難を受けそうですが、都会は色々揃ってて非常に暮らし安いです。スーパーまで徒歩50歩の物件を見つけるのも難しくありませんし、マッサージからジム・サウナまでコンドミニアムのある建物内で事足りることもあります。

何より富裕層が集まるエリア=首都マニラであることは自明の理なので、ビジネスチャンスも多いと感じるはずです。

 

フィリピン・マニラで生活するなら、フォートやマカティ・オルティガスなんかより、マンダルーヨンやパシッグといった、やや郊外の地域をオススメします。

郊外だとちょっとタクシーを走らせるだけでマカティやフォートへアクセスできますし、夜は静かなエリアも多いです。

現地のタクシー料金は有って無いようなもんなので、交通費に関してはよっぽどあちこち行ったり来たりする人以外は特に心配する必要もないかと思います。

今のマニラなら、外こもりの人なら月8万円も生活費がかからないのではないでしょうか。

 

 

ノマドへの憧れ

5a3b9c44b5140db2c4d77c9e4d1f002c_400

 

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です