フォートBGCのバーチャルオフィス契約してきました。

Reception-s

フィリピンはタギッグ市、フォートボニファシオにあるバーチャルオフィスを契約してきました。といっても支払いはペイパルで済ませていたので、当日はオフィスの案内と手続きのみでした。

相変わらずBGCはフィリピンらしさが皆無で、街行く人達もガイジンさんが非常に多いです。私もガイジンですけど。

BGCはマカティよりもオフィス街色が強く、身なりもきちっとしたフィリピン人が多いように感じます。

普段半袖短パンで自室で仕事しているような人間からすると、この街は歩くだけでも気分がシャキッとします。

かといって、東京のオフィス街で感じるようなギスギス感はあまりなく、各国からの駐在員の家族なども多い事から、レジャー感覚で昼間からフラフラしている外国人もいるので堅苦しさがありません。

 

 

BGCにもバーチャルオフィス

 

マカティはすでに日系企業含めると複数(私が知ってるだけで4社ほど)外資のバーチャルオフィス・シェアードオフィスなどがありますが、BGCはまだまだそんなに多い印象ではありません。

とはいっても、今後も需要が高まってくることが予想できますので、たくさん進出してくることでしょう。

かくいう私もBGCのバーチャルオフィスを利用しているクチで、マーケティング企業として法人登記してはいますが、普段は自宅兼オフィスなSOHOスタイルで仕事しております。部屋に一人きりでないと仕事が捗らない性格なのと、独り言が激しいのでやっぱり作業中は完全なぼっちです。

毎朝10時頃に起きて、シャワーを浴びて、近所の定食屋にご飯を食べに行くような生活をしているので、コンドミニアムの受付嬢からは白い目で見られてます。きっと。

お客さんを案内するときはさすがに朝8時ぐらいに起きたりしますが、朝はやっぱりどうにも脳みその回転が鈍くてダメです。

 

話は逸れましたが、とりあえず住所がほしい、ブランドの強い住所ならなお良いとお考えの方は、バーチャルオフィスも一つの手です。

 

 

Fort Legend Tower

 

vOfficeのBGCオフィスは2箇所あるのですが、名前的にこっちの方が好きだったのもあって、Fort Legend Towerを選択。

マカティからもアクセスはしやすいですが、特に企業様相手の商売をしているワケでもないので、お客さんもまず来ることはないでしょう。受付の子は愛想よく好感が持てます。でも日本語は通じません。

IMG_20150204_113318

スマイルくださいポ でキメ顔の受付嬢たち

オフィス内は、一部会員、又はレンタル制のミーティングルームが2部屋、ラウンジスペース(コーヒーなど飲み放題)、専用オフィス4,5部屋で、そんなに広くはないです。オフィス内は白人率が高い印象で、商談をしている様子などもうかがえました。

ラウンジの様子なんかも撮影したかったのですが、やっぱりそういう雰囲気でもなく、またの機会にということで退散。

IMG_20150205_193142

とりあえずIDカードの作成が終わったとの事でその場で受け取り、担当の方と軽くお話をしたらおしまいという、結構あっさりした流れでした。税務会計サービス使う?とか聞かれましたが、全部自分でやりたいのでお断りしました。ほかにも名刺の印刷なんかもここでできるそうですが、名刺印刷なら日系の Mr. Printer 使ってみたいよな、と思うのでやっぱりいらないと思います。

IMG_20150205_193156

オプションサービスのしつこい勧誘もなく、ほんとにサクッと手続きが完了しました。

 

 

ムダはできるだけ排除

 

フィリピンという国は先進国である日本と比べてしまうと、やっぱりどうしても非効率的な国であるのは間違いないです。日本が効率的過ぎて嫌だって人もいるかもしれませんが、フィリピンは日本の効率重視なスタイルを少しぐらい見習ってほしいところです。行政機関は特に!

といっても政権交代からまだ数年しか経っておらず、汚職クリアランスもまだ道半ばらしいので、今後に期待するしかないですね。

フィリピンに事務所を構えた経験のある方のお話からすると、オフィスを契約しても、内装やらインターネット開通やらが済んで、きちんとオフィスとして機能するようになるのに1,2か月かかるとかで、かなり面倒臭そうでした。日本のようにいついつにここまで仕事終わらすよ!きっちり!という業者の方がまだ稀な国なので、それなりに忍耐が必要みたいです。

 

私は基本ものぐさなので、事務所の管理云々ということに気を取られたくなかったのと、役員が全員それぞれ本業があるという事から、バーチャルオフィス以外の選択肢に有用性を感じませんでした。

ネットで生計を立ててる人間からすると、オフィスとか会社とか割とうっとおしい者に感じてしまっているのが本音です。

日本のe-taxみたいな感じのがフィリピンのBIR (Bureau of Internal Revenue)にもあるので、こっちも使い方を覚えて自力でできるようになろうかと。

ちなみに普段の帳簿アプリは Waveというのを使ってます。カシャっとやってデータちょちょっと手直ししてUpで帳簿おしまい、てな感じでかなり重宝してます。

 

 

起業しちゃったよ…

 

人生初の起業がフィリピンっていうのもおかしな話ですが、日本人として感じるのは、やっぱりこの国はすごく動きやすいです。日本と比べてもホントに色々な事がはじめやすいので、とにかく毎日が楽しいです。(月の半分ぐらいは引きこもってますが。)

とはいえ、大志を持って起業したワケではないので、今後も脱力館たっぷりで、楽しそうな事見つけながらどうにか生きていくと思います。

ドけちな性格から、税務とか法律とかはきっちり勉強しておきたいなぁと思ってますが、やっぱりスペイン語とか中国語も話せるようになりたいなぁと、今後も2足3足のわらじを履いて生活していく予定です。勉強する時間がたくさん作れるのは本当にありがたいですね。

たぶん、いわゆる起業家精神のようなモノは持ち合わせてませんが、いつかネット以外にもフィリピンで収入源を確保できるようにはなりたいもんです。

不動産は相変わらず黒字ではありますが、結局日本人しか相手にしていないので、大きくスケールできるかと言われると、まだやらなくちゃいけないことが盛りだくさんです。

 

フィリピン・マニラのバーチャルまとめ

今のところ vOffice が一番安いです。

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

One thought on “フォートBGCのバーチャルオフィス契約してきました。

  1. Pingback: 海外起業するなら「03スマホ」がおススメ LG G2 miniレビュー | グローバルスポット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です