マニラ固定インターネット回線 Tattoo (Globe) Broadband レビュー

tattoo-broadband

Skycableのフリートライアルが微妙な感じだったので、かねてより導入を検討していた Tattoo (Globe) Broadband の下り15Mbpsプランを契約してみました。

 

プロモ適用

 

ちょうどプロモ期間中だったとの事で、本来月額2999ペソのプランが500ペソ割引で2499ペソに。お住いのコンドミニアムによってプロモの内容は違ったりするので、アドミンに確認してみましょう。

月2499ペソでも十分割高なのですが、これで毎日SIMカードを交換するという苦行から解放されました。固定電話回線付きというのを考えると、PLDTよりはかなりコスパは良い方です。

しかし、わずか100GBのデータ制限で上りわずか1Mpbsにも関わらず月6500円以上します。フィリピンは家賃は安いのですがネットが相変わらず高すぎます。それなのに東南アジアで最低のネット平均速度。

愚痴はこの辺にしておいて、簡単にレビューを。

 

 

ベストエフォート×80%

12108891_856763061098989_2362026620495327377_n

 

工事にきたおっちゃんも言ってましたが、ベストエフォート15Mpbsは期待しないでとのこと。一応12Mpbs以上出てるので、なんとかストレスを感じないレベルですが、それでも上りの不安定さはいただけません。

上り最大1Mbpsとありますが、結局は 0.6 ~ 0.8 Mbpsがいいとこです。

スカイプでの語学交流時は、他のデバイスは全て Wi-Fi オフにしておきたいところです。

 

 

 

データ使用量がチェックできない

 

工事のおっちゃん曰く、速度が遅くなった時(256Kbps)がデータ上限に達した時だよ、との事なので、神のみぞ知るって感じでしょう。

自分は自宅が一番落ち着く派なので、仕事はカフェなど行かずに自室でしていますが、8時間ぐらいサイト制作やら記事チェック、夜は YouTube 2~3時間といった使い方でだいたい2〜3GBほどの通信量です。単純計算しても月に90GB行くか行かないかです。

月に最低でも一度は海外旅行に行くので、月25日間と想定すると、結構余裕を持ってエンジョイできそうです。

 

今のところサイト上で使用量のチェックは必要なさそうですが、15Mbps以下のプランを選択される場合は少し注意が必要です。

 

ベトナムでの生活と比べると、お世辞にも満足とは言えない価格とパフォーマンスですが、背に腹は代えられないので、とりあえず1年はこのプランで行ってみようかと思います。

24ヶ月縛りがありますが、解約金わずか 2000ペソですので、そんなに気にする事もないかと思います。

 

 

吉報と愚痴

 

近々、オーストラリアだかの通信会社がフィリピンのインターネット市場に参入するとかニュースでちらっと見ましたので、そろそろフィリピンの腐敗しきったネットインフラにも本格競争の波が立ち始めるかもしれません。

フィリピンマニラですらベトナムの田舎レベルの速度です。

フィリピン政府は国民の生活基準を上げる努力をもっとすべき。

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です