マニラでヘッドハンティング? 危うく現地採用の巻

最近くだらない事ばっか書いてて読者が離れないか心配です。

数ヶ月前の話ですが、現地のとある不動産企業を訪問した際、偶然「今オフィスに日本人いるよ」との事で、挨拶してその場で少しお話という流れに。

その方はフィリピン人社長の下で働いているいわゆる現地採用邦人だったのですが、話をしているうちに「ウチで働かんか」とのお誘いが。基本的に誰かの下で働きたくない人間なので、色々理由をつけて断っていたのですが、相手側がついに具体的な数字を上げてきました。

 

おまんの労働価値3万ペソ

 

最初にその数字を聞いた時は正直ビックリしましたが、どうも条件付きとの事で、週1勤務でいいよとの提案でした。それでもやっぱり1日でも職場に拘束されるのは嫌でしたし、何よりここの社長さんおネエだったんです。

月に3万ペソ(8万円程度)でオネエに遣われる。どんな遣われ方をしてしまうのだろう。そんなイチモツ、もとい一抹の不安を抱えた私はしっかり、きっちりとフェードアウトすることにしました。

今その会社があるかわかりませんが、どうにも先の見えない企業だったというか、とりあえず社長がクネクネ話すので、やっぱり断っておいて良かったと思ってます。

 

フィリピン現地採用

 

フィリピンでの現地採用の中には、ブログを執筆されている方も意外と多く、各所で様々な情報が得られますが、在比邦人で現地採用月3万ペソって相当低いらしいです。週一とはいえ、3万ペソってのは最低ラインみたいです。

フィリピン現地採用の方々は割と入れ替わりが激しいようで、夢破れて日本へ帰国という方も多いみたいです。

大手企業の駐在員が海外赴任手当をン百万もらってる一方で、月3万ペソの生活を強いられる現地採用はどういう気持ちなんだろうなぁと少し物思いに耽ってしまいます。

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

2 thoughts on “マニラでヘッドハンティング? 危うく現地採用の巻

  1. らいおん

    単純計算で、P3万 x 週5日 = 月P15万。
    日本企業でないのにそれだけ出せるのは破格の条件かと思いますが。

  2. 世界のぼっち世界のぼっち Post author

    実際週1日しか働けないので、その計算はどうかと思います。
    おそらく会社のサイトだけ作らせて切るという魂胆だったのでは、と当時は感じていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です