ACR I-CARD取得の条件とその方法

2014-05-03_192343

フィリピンへ移住して早くも 2ヶ月ほどが経ちましたが、冷房のかけ過ぎて体調を崩した以外はすこぶる元気に過ごしています。

当初は、月に一度日本へ帰ればいいかなと思っていましたが、最近は帰国するのが若干億劫になってきているといった有様で、すっかりこの国が気に入ってしまいました。

どうせだから約2か月間の観光ビザを発行してもらって、ついでにACR I-CARD (外国人登録証) ももらっておこうかと思い、フィリピン メトロ・マニラ、マカティの入国管理局へ出向きました。

内部は撮影してません。

チキンハートなので内部は撮影してません。

外国人登録証明書(ACR I-CARD)の発行について

 

申請の条件

59日以上の短期滞在ビザ、または観光ビザを所有している外国人(非フィリピン国籍)

申請場所

マニラ入国管理局本部
その他の入国管理局オフィス ( こちらで最寄りの入国管理局を探すことができます。)

持参するもの

1. チェックリスト

2. 申請フォーム

申請方法

VISAの申請時に同時に提出する義務がある

発給にかかる費用

USD 50.00 + Php 500.00 (およそ6千円)

*2014年3月6日に制定された価格です。今後も予告なしに変更される可能性があります。

入管のホームページを確認したところ、59日の滞在期間に関係なく申請できるとのことでしたが、この場合はメトロマニラの入国管理局本部でしか対応しておらず、常に外国人でごったがえしの窓口で申請しなくてはなりません。私は本部まで行くのが億劫だったのもあり、タクシーで10分のマカティの窓口へ行きましたが、やはり ACR I-Cardだけの発給には応じてくれませんでした。

参考: Voluntary Application for ACR I-Card

 

必要なものとその入手法

 

基本的にパスポートと2×2(インチ)の証明写真が1枚あれば十分です。ただ、マカティで ACR I-CARD取得となるとちょっと費用が嵩みます。私の場合は総額2万円ほど…。

うっかり証明写真忘れた、という方も本部の建物に撮影所がありますし、マカティも少し歩きますがマカティ通りにNIkonがあるのでそこで撮影してもらえば良いでしょう。

ちなみにマカティでは短パンダメでした。(往復の交通費損したよ…。)

 

時間よりお金を取る!という方は本部でゆっくりじっくり取得するのもいいかもしれません。

 

アクセス・地図

本部

 マカティ支部

マカティ支部へ行く際はタクシーの運転手にブエンディア通りまでといえばだいたいわかると思います。

 

ACR I-CARDは申請してから発給まで1週間ほどかかるとのことですので、気長に待ちましょう。

 

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です