海外出張組はOCN モバイル ONEの通話プランで決まりかもしれない

2014-12-04_145444

久々のMVNO記事で緊張しております、世界のぼっちです。

MVNOのニュースをチェックしていると何がおトクかっていうと、海外の人たち(非日本人)で日本へ出張へ良く行く人達に、非常にありがたがられるんですよね。

ほとんどが空港でモバイルWi-Fiルーターをレンタルして、月に1万円以上通信費にコストをかけている外国人。

「MVNOなら月5000円も出せば3人ぐらいで高速データ通信ができて一部公衆Wi-Fiも使えるよ」と教えてあげると非常に喜ばれます。3万がいっきに5千円ですからね。特にいまいるフィリピンの人たちには喜ばれます^^

インバウンドで儲けている人からすると余計な事すんじゃねぇと言われてしまいそうですが。

 

前置きが長くなりましたが、当ブログでも頻繁に紹介しているOCN モバイル ONEですが、この度音声通話プランも追加したということで、従来のプランの柔軟性に加え、モバイルの最重要要素である「通話」もできるようになりました。

使わない月は一番安いプラン、日本に仕事で戻る月は2GBなりのデータ通信プランを、という使い別けがアプリ経由で非常にカンタンにできます。

 

もはやいたれり尽くせり

 

070, 080, 090で始まる番号の新規契約はもちろん、MNP対応で、ドコモやau、Softbankで使用していた電話番号を、そのまま利用することもでき、VoIP技術を利用した無料音声通話アプリ 050plus の月額使用料金まで込みという、どこまでやれば気が済むんだという感じです。

最大通信速度 通信容量・コース名 月額基本料
150Mbps 70MB/日コース 900円(972円)
100MB/日コース 1,380円(1,490.4円)
2GB/月コース 1,100円(1,188円)
4GB/月コース 1,450円(1,566円)
500kbps 500kbpsコース(7GB/月) 1,800円(1,944円)

グラフ参照元: http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/charge/

 

ちなみに、音声対応SIMは、データコース料金に月額700円が上乗せされるという形で、既存のユーザーもプランの追加がしやすくなっています。また、OCN光契約者は、さらに毎月200円割引、そして回線2契約で毎月400円引き、3契約で600円引きと、かなりリーズナブルです。

データ通信量の目安は公式を参照するか、実際に短期間使用してみて把握できると思いますので、モバイル通信費を大幅に見直したい人には一度トライしてみる価値はあると思います。

スマホアプリの使い勝手もいい感じなので、SIMフリーのiPhone6やZenFone 5でもすぐに移行できるのではないでしょうか。

 

海外出張組みのメリットは?

 

仕事で日本にはあまりいないよ、むしろ仕事の用事でしか日本には戻らないよという方からすると、毎月プラン変更ができるこのプランは非常に重宝するのではないでしょうか。また、シェアSIMの利用料が1枚につき450円(税抜)と、外国人の知人やら同僚を日本に招待する時なんかはかなり使い勝手が良いように思います。

原則家族以外のものに使用させるのは推奨していないようですが、まぁ、ある程度信頼関係があるならちょっとぐらいいいよね?

どうせ自己責任だし。

そういった使い方であれば、普段1700円程度で通話とデータ利用、海外から友人が来るときだけシェアSIM追加という感じでもいいのかもしれませんね。通話機能こそつきませんが。

今まで日本通信の音声プラン付データプランを使用してきましたが、同じ価格でこのパフォーマンスの差となると、使い続けるメリットがなくなってしまいました。。

予想通りというか、完全にデキレースではあるのですが、しばらくはOCN モバイル ONEがMVNO市場を独占しそうな気配です。

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です