OCN モバイル ONEまたも料金プラン刷新 MVNO業界のデキレース感が楽しい

OCN モバイル ONE【SMS対応】マイクロSIM 月額1,020円(税抜)~

本日よりOCN モバイル ONEの各プランのサービス内容が刷新されましたね。帰宅時に自宅のWi-Fi に切り替えることもできるアプリまで提供してくれるなど、もはや至れり尽くせりです。

しかし、いつも間合いを見計らったかのように、他社がプランを改定した後にOCNもそれを追う形で、という気がするのですが、気のせいでしょうか。

Ping値や実質的なカバーエリアを見る限り、NTTコミュニケーション、あ、いや、OCN モバイル ONE の一人勝ちという感じがすごいしていて、私のブログでもあまりMVNOについて取り上げることは少なくなりました。

 

結局胴元が勝つんでしょ

 

受信時通信速度
(ベストエフォート)
通信容量・コース名 月額基本料
150Mbps 70MB/日コース 900円(972円)
100MB/日コース 1,380円(1,490.4円)
2GB/月コース 1,100円(1,188円)
4GB/月コース 1,450円(1,566円)
500kbps 500kbpsコース(7GB/月) 1,800円(1,944円)

対抗馬としてよく耳にするのがIIJmioですが、IIJの月2Gバイトコースが税込972円であるのに対し、NTTコミュニ、あ、OCN は税込1188円です。

でもですよ、

月4Gバイトのコースになると、IIJが税込1642円で、OCNは税込1566円です。

さて、2GBバイトコースを選択するMVNOプロユーザーがどの程度いるのかはさておいて、キャリアより先にSIMふりーのiPhone6が発売されるようになった日本のモバイル業界、なんで?キャリアとの契約は?え?MVNO?

という感じでMVNOに興味を持った方も増えてきているのではないでしょうか。

特に、中学、高校のお子さんを持つ親御さんからすると、LINEなどのVoIP通話アプリで家族間の通話・テキストなんて事足りてしまうので、お子さんに携帯電話は持たせても、携帯電話番号を持たせるメリットが無いと考えている方も少なくないのでは?

 

OCNのどのプランも、通話こそできませんが、上記のような解決策もあります。

今まで6,7千円スマホに支払ってきたような層が1100円と1400円で悩んだりするんでしょうか。

 

たいていのケースでは1400円のプランを契約するのではと推測しますが、こういうOCNの、「競合にも配慮してますよ」という感じのアピールがなんともね。。

邪推でしょうか。

 

チキンレースがまだまだ続きますように

 

通信容量制限こそありますが、月に4GBもモバイル通信をしないという方からすると、日本のMVNOは世界レベルでかなり優れたコストパフォーマンスを見せています。

ヨソも価格を下げたので、そろそろウチも。

そんな感じのチキンレースが今後も続けば日本のモバイル市場ももっと楽しくなってきそうです。

 

そろそろ中国メーカーからLTE × 3G デュアルスタンバイなんかが出てきてくれたらもうそれこそワクワクが止まりませんね。

 

ZTE Nubia Z7 はGSMですが、片側のSIMでLTE通信が可能なデュアルスタンバイスマホです。

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です