「OCNモバイルONE」を3カ月間SIMフリー機で使用して感じたこと

bnr_one_130829

はじめに

 

今回の記事は「OCN モバイル ONE  1日30MBコース(旧OCN dLTE 980)」をはじめとする各社MVNOプラン契約から半年ほどの使用感です。詳しい運用方法はこちらを、MVNOへの適正診断はこちらをそれぞれご参照ください。

私は現在、プライベートでは「Nexus4(技適通過済み)」を「OCN モバイル ONE  1日30MBコース」で月額980円で運用し、080番号用のSIM(ドコモの最安プラン)をこちらはMNPキャッシュバックを利用して実質タダで運用しています。それ以前はASAHI LTEプラン、iiJmio, と試しましたが、「OCN モバイル ONE  1日 30MBコース」が一番自分の生活スタイルにマッチしていると感じ、3カ月以上経った今も愛用しています。

いわゆるケータイ2台持ちですが、プライベートでの外出時などは基本的に「Nexus4」しか持ち歩かず、もう一台のドコモSIMケータイは部屋に放置しています。(土日は仕事や事務的な電話を受けたくないので。とはいえNexus4でメールはチェックしますがw)

Nexus4での完全プライベートな通話は、スカイプやカカオ、050番号(毎月ユニバーサル料金しか払ってない)で事足りているため、まったく不自由さを感じません。

5月分は事務手数料込

ドコモ通話料

 

また、

 

・こちらから友人などに通話をする場合はNexus4で

・病院予約、ヤマト・佐川などの運送業者への連絡、その他事務的な事はすべて080の番号へ(基本的に待ち受け用)

・逆に勤務時はNexus4は自宅へ置きっぱなし(仕事に集中する…ため…)

 

となっているため、公私混同を避けることができ、とても快適です。これは2台持ちの最大のメリットかもしれませんね。

 

通信網・カバー率など実際の使用感

 

基本的にスマホ向けMVNOのLTEプランは現時点ではすべてがドコモの通信網を利用しているため、繋がりにくかったり速度が急激に低下したりといったことはほぼないのですが、(主な生活圏内は神奈川・東京です。大阪へはたまに出張)電池の消耗が若干早い感じはします。おそらくこれは端末との相性もあると思うのですが、長時間外出する場合はモバイルバッテリー必須といった印象です。さすがに地下鉄では通信が途切れますが、だいたいの路線では、地上で走行中もしっかり電波をキャッチしてくれます。

 

 

MVNOといえば容量制限

 

また、「OCN モバイル ONE  1日30MBコース」は1日のデータ通信量制限が30MBという決まりがあり、私も購入当初は毎日のように残りのデータをチェックしていたのですが、3カ月経った現在はまったくもって気にしていません。というのもめったに30MBを超えないですし、超えてからも速度プロバイダから制限がかかるまで微妙にラグがあります。(悪いこと考えないでくださいね)

 

こればっかりは個人差があるとは思いますが、私は外で動画や重たい画像を読み込むことがほとんどなく、ニュースサイトのチェックと勉強中の複数の語学の単語チェックなど、ほとんどスマホを持っている意味がないんではないかと言ってもいいぐらい用途は限られています。Feedly,Flipboardなどのニュースフィーダー、辞書アプリとGoogle翻訳があれば何時間でも暇をつぶせます。

MVNOプランの選び方に関してははっきり言って「使ってみないとわからない」のが現状ですが、私のように外出時は大容量データ通信をしない人間にとっては、基本的に1000円以下のプランで十分だと思います。1GB2000円、2GB3000円といったプランに手を出すぐらいなら、素直にモバイルルーター(WiMAXやイーモバイルなど)をキャッシュバック等を利用して契約したほうがお得でしょう。

逆に、1000円以下のプランで容量無制限に釣られて200Kbps以下のプランを契約してしまうと、痛い目を見ることのほうが多いので、よっぽど普段のデータ通信用途が限られている人でない限りはあまりおすすめしません。

 

 

おわりに

 

ここまで読んで、「人気記事の焼き増しかよ」と思われた方も多いかもしれませんが、毎月のスマホ使用料を実質1000円以下で、且つほとんどデメリットを感じないという事をこの3カ月を通じて実感しました。これを機に自分と似たような生活スタイルの人にも是非試してもらいたいですし、MVNO市場の活性化が結果的に既存のケータイ電話市場の活性化にもつながってくれればと思う次第です。その点、今回のOCNはプラン刷新に加え、WEB上で簡単にプランを変更できるようにしたあたりかなり好感が持てます。また、ソフトバンクがプリペイド式のスマートフォン機種を発表するなど、今後ももっと料金体系が柔軟になって行ってくれればと思う次第です。(iPhoneなどの人気機種はなかなか難しそうですが…)

また、国内での使用に限らず、海外へ行くときなどはSIMフリー機がその存在感を増してくれるので、常用せずとも1台所有しておくと何かと便利です。

>>海外プリペイドプランはこちら

 

韓国、タイ、シンガポールなど、いずれも格安でプリペイドプランが購入できるため、日本のキャリア各社の提供している●ッタくりな「海外パケット」にお布施する必要もなくなります。APNや各国キャリアの周波数などもある程度把握しておいて損はないでしょう。

おまけにほぼすべてのMVNOプランでは解約手数料を払う必要もないため、現在のスマホプランを維持したままでも気軽に試せます。

今後日本のケータイ電話市場でもSIMフリー機を見る機会がもっともっと増えることを祈っています。先日Nexus4(SIMフリー)が日本でも発売され、ますます期待に胸躍らせていますが、その反面、国内メーカーにも一層頑張ってもらいたいものです。

日本国内のメーカーから「3G・LTEのデュアルSIM、デュアルスタンバイスマホ」とか出てくれたら喜んで買わせていただきます。

2世代ぐらい型落ちのスペックでもいいので出してくれませんかねぇ…

 

関連記事

ぼっちがスマホ月額使用料を1000円以下にすべきたった4つの理由

スマホの維持費を月額980円にして思ったこと

 

 

2014年4月1日の消費税増税に伴い料金・通信容量の変更がありました。詳しくは下の表をご参照下さい。

最大通信速度
(1)3月31日までの
通信容量・コース/料金
(2)4月1日以降の
通信容量・コース/料金
受信時最大
150Mbps
30MB/日コース
934円(980.7円)
50MB/日コース
900円(972円)
60MB/日コース
1,410円(1,480.5円)
80MB/日コース
1,380円(1,490.4円)
1GB/月コース
1,200円(1,260円)
1GB/月コース
1,100円(1,188円)
2GB/月コース
1,505円(1,580.25円)
2GB/月コース
1,450円(1,566円)
受信時最大
500kbps
500kbpsコース(7GB/月)
1,886円(1,980.3円)
500kbpsコース(7GB/月)
1,800円(1,944円)

コメント欄にてご指摘いただきました n’ 様ありがとうございました^^

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

One thought on “「OCNモバイルONE」を3カ月間SIMフリー機で使用して感じたこと

  1. n'

    2014年4月1日の消費税増税により料金が微妙に変更されたようです。

    また、専用のAndroid、iPhoneアプリも充実して更に使いやすくなりましたね。

    私もいくつか他の会社のプランを利用してみましたが、OCNが比較的どの時間帯でも安定して通信ができるよう感じました。

    今後もサービスの向上に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です