インドネシア ジャカルタで格安宿探すなら KOST

最近インドネシア ジャカルタについて調べる機会があったので、備忘録も兼ねて今回は「ジャカルタで格安宿に止まる方法」についてまとめてみます。

 

一人旅ならコンドミニアムより「Kost」

 

「Kost」とは、現地で言うところのシェアハウスのようなもので、共同スペースを有効活用している分、コンドミニアムなどの賃貸よりも安く滞在することができます。

ジャカルタのコンドミニアムはなぜかフィリピンよりも高く、月5万円以下のコンドミニアム(マンション)を探すのは至難の業と言えるでしょう。

 

Kost Jakarta.com

2014-03-27_124345

(URL: http://www.kostjakarta.com/)

 

SewaKost

logo_sewakost

 

(URL: http://www.sewakost.com/)

 

どちらも言語がインドネシア語に加え、UIも若干微妙な感じですが、物件のラインナップはかなり豊富です。

エージェントとのやり取りが現地語になる可能性もあるので、割と真面目にインドネシア語を勉強している方にとっては理想的な宿が見つかるのではないでしょうか。

ちなみに、貨幣通貨はルピア (RUPIAH)で、上記のサイトでは Rp と表記されています。

Rp から JPYへは、Rpの後ろの0をふたつ取ったらだいたい日本円になります。

 

2014年3月27日時点で、「2500000 IDR in yen」でググってみたところ 2.21万円、だいたい2万2千円です。

Rp in yenだとすぐには出てきませんので、一応コンバータ利用する際は IDR で検索かけましょう。

 

 

英語表記サイトでのジャカルタKOST探し

 

2014-03-27_132253

 

Infokost.net

上記2サイトと比較するとかなり見やすいです。おまけにAndroidアプリと、なぜかBlackberryのアプリにも対応しているので、スマホでのお部屋探しにも便利です。

 

2014-03-27_134031

 

/ Bulan は per month (毎月)の意味です。

Telponと書かれているのは電話番号ですので、日本からでもIPフュージョンで「010+62+電話番号」で問い合わせができます。

IPフュージョンの国際電話は安価な割りに通話品質も安定していて、個人的にはオススメです。

フィリピンの場合はほとんどのエージェントがVIberを利用しているので、タダで通話ができますが、相手が使っていない場合はIPフュージョンなどを試してみるのもいいかもしれません。

私も、フィリピン アンヘレスのコンドミニアムを借りる際にIPフュージョンを利用し、名前と連絡先、契約期間などを簡潔に伝えて現地で視察後すぐに賃貸契約まで結べるようしておきました。

 

東南アジア全体に通じることかもしれませんが、なかなかメールだとレスポンスが遅いです。政府の公的機関にメールしても返事が来るのは10年後だよと現地のお姉ちゃんに笑われたぐらいですが、個人的にメールはあまりオススメしません。

 

物件をお気に入り登録もできる

2014-03-27_135219

めぼしい物件を見つけたときにお気に入りに登録できる機能もあります。”Bandingkan” というボタンで登録しておいて、あとで見たり比較したりすることもできます。

 

インドネシア ジャカルタでの生活について

 

東南アジア諸国の中でも現在目覚しい経済発展を遂げているインドネシア、日本での駐在員数も年々増えているよう、現地の都市開発はどんどん進められているようです。

駐在員として長期滞在される方も、語学留学のために中長期滞在される方も、現地の生活については色々と知っておいたほうが事前にトラブルを防げます。

 

kirakiraインドネシア

上記は、スマトラの大学で1年間インドネシア政府ダルマシスワ奨学金をもらいながらインドネシア語留学されている方のブログです。

デザインもさることながら、情報もムダがなくとても見やすいです。

 

今後は中国からインドネシアに製造工場が移転するにつれ、日本企業も続々と進出していくことが期待できます。まだまだジャカルタですら、治安という点ではリゾート地のジャワ島と比べるとあまり安全ではないようですが、個人的にはフィリピンに次いで注目したい国ではあります。

JKT48 ぶっちゃけ本家より..

JKT48 ぶっちゃけ本家より..

 

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です