ぼっちがスマホ月額使用料を1000円以下にすべきたった4つの理由

alone-baby-child-childhood-children-color-Favim.com-40187

 ゆりかごから墓場までぼっち

 

ぼっちのみなさんこんにちわ、私もぼっちです。

今回は「ぼっちがスマホ月額料金を1000円以下にすべき4つの理由」と銘打って、我々ぼっちにとって(いかに携帯電話が必要ないか、そしてそもそも人として必要とされていないか) いかに割高なスマートフォン維持費からの脱却が有意義であるかについて解説するとともに、スマートフォンの月額使用料を安く抑える具体的な方法についても説明していきたいと思います。当然MVNOやSIMフリーに関する知識を要されますので、わけがわからないよという方は事前にこちらのページを読んでおくことをおススメします。

 

ぼっち

 

まず「ぼっち」の定義を明確にしておく必要がありますね。目を背けずに現実を直視しましょう。

「大学生活始まったけどぼっちでしんどい」、「社会人新生活始まったけど完全にぼっちで将来が不安」、などなど色んな悩みを抱えた「ぼっち」が全国各地で文字通り息を潜めて生活していることと思われますが、今回はケータイ電話に焦点を絞って、「ぼっちの携帯電話チェッカー」であなたのぼっち度を計測してみましょう。該当項目が3つ以下だった場合は直ちにこのブログから立ち去ってください。

 

  • 通話の相手は「おかん、兄弟、時々おとん」
  • (学生) 試験前に限って頻繁にメール・電話がかかってくる
  • (社会人) プライベートで使っている携帯電話端末の充電回数は週に2回以内だ
  • 外出時にスマホでチェックするのは2ちゃんねるやTwitter ・ニュースリーダー程度
  • 気になるあの子に連絡先を聞いたことが人生で一度もない
  • もちろん聞かれたこともない
  • 事務的な理由で連絡先を万が一交換できた時も、「あまり電話するの好きじゃないんで」、と聞かれてもいないのに言ってしまう
  • 現在所属しているコミュニティにおいて重要な役割を果たしていない
  • 昼休みは一人で黙々とアプリのゲームばかりしている
  • お手洗いの個室で食事をしている際に、おかんから誕生日おめでとうのメールを

 

この辺にしておきましょう。途中気分が悪くなった人は一度深く息を吸ってしばらく止めてみてください。生きていることが実感できます。

いかがでしたでしょうか。今のところまだ本題には入っていないのですが、簡単に非ぼっち・リア充たちをふるいにかけることができたと思います。

このページの閲覧者がぼっちだらけになったところで、表題の「ぼっちがスマホの月額料金を1000円以下に抑える4つの理由」をじっくり説明していきます。もう息を吸ってもいいですよ。

 

2台持ちは嫌だという方や、先にMVNOでの具体的な運用方法を見ておきたいという方は、前回の記事「スマホの維持費を月額980円にして思ったこと」をご覧ください。

今回は前回の980円データ運用術に加え、通話用080、090番号格安運用術も補足します。

ちなみに条件さえ整えば「端末代も含めて月1000円以下」で運用することも可能です。

 

 

ぼっちのスマホ月額料金が1000円以下でなければならないたった4つの理由

 

1.かけもしない電話の通話料はコスパ最悪

 

ぼっちの最大の特徴として、「自分から何かを発信しない」ということがあげられると思います。もちろん携帯の電波なんて滅多に人様の携帯電話に向けて飛ばしたりしません。まず何よりもかける相手がいないのです。

しかしあなたが契約した携帯電話会社は、そんなことはお構いなしに毎月数千円もの請求をしてきます。おかんが払ってるからそんなことどうでもいい?今からでも親孝行はできますので、小さなことからコツコツ始めていきましょう。

 

 

2.大量のデータ通信は家のWi-Fiでやることがほとんど

 

家族と同居していて休日はしょっちゅう「どっか出かけないの?」とおかんから言われるが、「うるせぇぞババァ!」と言えるのは心の中だけ。プライベートな時間は家でおとなしくオンラインゲームやネットサーフィンばかりしている大学生、社会人。そんなぼっち達にとってスマートフォン契約時に強制的に加入させられる高額なパケ台はコスパ最悪です。

外でほとんどデータ通信をしない。そもそも滅多に外に出ない。大学の授業は週に3日間だけだ。毎日大学 or 職場と自宅の往復、電車内ではTwitterを眺める程度。そんなぼっちの皆さんはきっと月1000円以下のMVNOデータ通信プランで十分です。

ぼっちの中のぼっち「上京一人暮らしぼっち」にとっては居住しているアパートに固定回線を敷いている場合、その通信費に加えスマホの割高なデータ通信が加算されるとなると、結構な打撃になります。

仕送りもらってるからそんなことどうでもいい?そうだね、仕送りは素晴らしいよね。

 

 

3.友達がいない

 

真っ当な人生を送ってきた人間であれば、自然に気の合う仲間や友達ができるそうなのですが、我々ぼっちにとってそれが非常に困難です。もちろんぼっちは外出時に急に誰かに連絡をしなくてはならない状況や、常にconnected な状態を強いられることがほぼ皆無です。きっと今後もね。

 

友達がいない→24時間繋がっている必要がない→電波の安定性を気にする必要がない

 

安価で微妙に速度の不安定なMVNOデータ通信プランでも意外と困らないものです。

 

孤独を楽しもう。

 

スマホの維持費を月額980円にして思ったこと

 

4.みんなと同じスマホを使っていても会話のきっかけは生まれない

 

 

「あ、iPhone買ったの? 見せて見せて」

「!!…(なんだ隣の奴か)」

 

 

「あ、ゆう君もGalaxyにしたの?」

「!!…(なんだ隣のゆう君か)」

 

全国のゆう君にお詫び申し上げます。

 

 

表題改めまして

4.海外でも使えるSIMフリー携帯での運用がとってもお得!!$

 

(ヒキぼっちがいきなり海外とかww)

そう思っている学生さん・社会人のみなさん、たとえ海外に出なくてもSIMフリースマホはとっても便利でとってもお得です。

 

ただその前に、みなさんが「SIMフリースマホ」に勝手に抱いてそうなイメージをちょっと払拭させてもらいます。

 

 

端末価格がべらぼうに高い

 

アマゾンやヤフーオークションで「SIMフリー」と検索してみるとその金額に愕然とする人も多いかと思われます。

SIMフリーiPhone5… 7万円から8万円… SIMフリーGalaxy S4… 8万円から…

社会人でも躊躇してしまう金額ですね。アマゾン・ヤフオク、どちらも商品が売れた段階で手数料を払わねばならないため、セラーは必然的に値段設定を高くしないと儲けになりません。iPhoneなどの人気機種は常に需要がある状態なので、自分で輸入して買うよりも結構高めに設定されています。

個人輸入による入手方法はいくつかあるのですが、また次の機会にまとめてご紹介します。(Aliexpress.com, Amazon.com, eBay.com, タオバオなど、個人輸入には少なからずリスクを伴いますので、慎重な出品者選びが重要となってきます。)

しかし私が現在使用しているSIMフリー端末の一つはたったの7000円です。型落ちの新品スマホをヤフオクで入手しました。それに電話待ち受け専用機なので週に2回充電すればいい方です。ヤフオクなどで探してみると意外と安価なSIMフリー機を入手できるかもしれませんよ。

とにかく最新の機種でなければ意外と安く入手できるということがわかってもらえたかと思います。また、最新のハイスペックな機種でもGoogle Nexus4のように3万円ちょっとしかしない端末も出てきており、金額の面ではハードルも年々下がってきています。

 

 

設定が面倒臭い

 

確かにSIMフリー端末購入時の最初で最後の難関といわれている「APNの設定」は初心者にとっては難しいかもしれません。

しかし言い方を変えると、APNの設定さえしっかりできればその時その時の使用状況に合わせて柔軟にプランを変更できるのです。また、基本的にMVNOのプランはほぼすべて定額制ですので万が一設定を誤っても、とんでもなく高額な請求が来るということもありません。なによりカスタマーサポートに問い合わせればAPNの設定ぐらい教えてくれます。

それに最近ではアマゾンなどの商品レビューページにユーザーが丁寧に端末ごとの設定方法など紹介しており、よっぽどマイナーな機種でない限り、設定方法がわからず使えないということも少ないと思います。(APNの設定方法概要

動作確認報告などもブログなどで数多く共有されているため、しばらく様子を見てから購入というのも悪くありません。

 

MVNOプラン比較表

 

そのほかにもドコモではSIMロック解除手数料3,150円を払えば、ドコモにて契約した端末のSIMロックを解除することもできます。

韓国・アメリカ・中国・ヨーロッパ(ロシア含む)と、とにかく色々な国を「ぼっち旅」してみて思ったのは、やっぱり携帯電話市場に関しては日本はちょっと「ダメ」な気がします。決してサービス内容や技術的な面でダメと言っているわけではなく、日本独自の規格・ルールにいまだ固執している傾向が強いというのがとても好ましくないのです。逆に日本以外のほぼすべての国ではSIMフリー端末(キャリアに縛られず世界で使える携帯端末)は広く認知されており、同時に旅行者に対するプリペイドプランなどもお手頃なものがたくさんあります。逆に日本に来る海外からの観光客は皆、「日本の外国人向けの通信プランはすべて高い」とよくグチをこぼします。犯罪対策?なら今よりもっと厳しく審査すべきでしょう。

最近でこそ格安のMVNOプランが若干人気を博し始め、通信プランなどにやや柔軟性が出てきた感じがしますが、それでも実際にMVNOプランを使って運用しているスマホユーザーは、全体から見るとほんの数パーセントにも満たないでしょう。そもそも「SIMフリー」という言葉すら一般には浸透していませんからね。

海外志向の高いぼっちや日本なんてもうイヤ!というぼっちはいっそのこと日本国内(の通信キャリア)でしか使えないスマートフォンから、世界各国で使えるSIMフリースマホに乗り換えてしまいましょう。日本国内で存分にぼっちを味わえますよ。

 

 

具体的な運用例

 

少し長くなるので、あくまでも一例として「ワシぼっちやしそんな運用もアリかもな」程度に見ていただければ嬉しいです。

 

携帯電話2台持ち(1台は待ち受け専用)

 

メイン機… Nexus4(購入当時29,000円程度・転送費用込)

運用プラン:OCNモバイルエントリー dLTE 980 (月額980円:初月無料)

初期費用:3,150円のみ(アマゾンにて購入)

 

待ち受け専用機… IDEOS(ヤフオクにて7000円で落札)

運用プラン:ドコモバリュープランタイプSS (月額980円)

初期費用:3,150円 +端末料金6,000円

 

※持ち込み端末での契約だとタイプSSが適用できないため、ドコモショップにてMNPキャンペーンの適用される端末から一番安いものを一括購入(その後購入した端末は売却)

※通話用データ用合わせて2台で月額1,960円ですが、実質もっと少なくて済みます。詳細は続きをご覧ください。

 

タイミングによってはMNPによるキャッシュバックなど各地域の店舗ごとに実施されているので、事前にチェックした上で契約すると負担金がもっと少なくなるかもしれません。

 

今回は途中解約だったためS社の解約手数料が9,975円かかりましたが、ドコモショップにてキャッシュバック2万円適用され、一括購入した端末はヤフオクにて購入金額より高く売れ結果的に5000円ほど得しました。かなり型落ちの機種だったんですが…。

 

MNP時の負担金額(080・090番号) ※SIMフリー端末購入金額は除外

MNP事務手数料 3,150円 +端末料金 6,000円 +S社解約手数料 9,975円 =19,125円

 

キャッシュバック並びにヤフオクでの売上

ドコモショップMNPキャッシュバック 20,000円 +ヤフオク売上11,000円 = 31,000円

 

31,000-19,125=11,875

 

最終的にMNPしたことで 11,875円もらえました。(解約手数料が発生しない場合は2万円超。)

 

おやおや

 

これを仮に6か月で割ってみると 月あたり約 1,980円プラスという結果になりますね。なんとバリュータイプSSの通話料とOCNモバイルエントリーdLTEのデータ通信料の月額合計金額を払っても20円ほどおつりがきます。

 

なぜ6か月で割ったかについては「MNP乞食 ルール まとめ」をご参照ください。

簡単に言うと6か月ごとにMNPキャンペーンを利用して、毎回通話プランのみ契約するということです。

その他IDEOSの参考リンク:IDEOS で色んな SIM を試してみる&注意点など

契約開始から24か月以内なので、解約手数料はまた次回のMNPの度に発生するのですが、期間限定と言いつつほぼオールシーズン行われている各社MNPキャッシュバックキャンペーン、利用しない手はありませんね。

実際お近くのショップへ立ち寄ってみるのが一番早いのですが、一応お得なMNPキャンペーン情報を随時アップしてくれているブログも紹介しておきます。

 

すまコジ:http://smakoji.info/

MNPプランナー:http://androidandandroid.blog.fc2.com/

 

さて、さきほど除外した2台のSIMフリー端末価格の合計 36,000円を今度は”24か月”で割ってみましょう。

月額 1,500円、12か月で割っても3000円です。

ちなみにどちらも下取りなどに出さない(売却しない)ことを仮定した上での価格です。

(なんで通信費は6か月で割ったのに端末価格は12か月なんだよ)
という疑問が生じたかと思いますが、ここでは「端末とプランの縛りがない」ということが伝えたかったのです。

いつでも自分の好きなタイミングで端末を買い替えられますし、SIMを差し替えさえすればどの機種でも通話プラン・データプランを継続して利用することができます。(対応周波数などは事前によくご確認ください。)

キャリアで端末価格を分割支払いにした場合、途中解約時に1万円近い手数料に加え、端末価格の残債も支払わねばならず、たいして人気のない端末を契約してしまった場合などは、支払う金額が高い割には下取りがとんでもなく安いといった最悪の事態も起きかねません。

また、今回は最新の機種を買ったため合計 36,000円ですが、最近ではAndroid4.0搭載の「SONY XPERIA tipo dual ST21i2」のようにそこそこ高性能な機種も2万円を下回るようになってきています。

 

「ぼっちのスマホ運用術」の全体的な流れをまとめると

 

・待ち受け用に型落ちのSIMフリー携帯を安価に仕入れる(2社以上で通信可能ならばスマホでなくても良し)

・ショップなどでMNPキャッシュバックなどを利用して型落ちの端末を一括購入(端末の売却は任意)

・キャリアと契約したSIMを、購入したSIMフリー携帯に挿入し運用

・必要に応じて電話転送サービスを050番に適用し、ドコモなどの通話SIMにかかってきた電話も050で受ける。(具体的な方法はこちらも後日記載)

・各社のお手頃通話プランを半年~1年ごとに契約(MNPキャッシュバック適用)

※MNPのタイミング・各社各ショップごとにキャンペーン 内容は異なりますので、必ずご自身でよく調べてから契約しましょう。

 

——080、090の番号すら必要ないという ”真正ぼっち” はここから——-

 

・メインで使うSIMフリー携帯を購入(購入方法は後日まとめて記載します。国内であればヤフオクやアマゾン推奨)

・データ通信用プランを各MVNOから選ぶ

・ぼっちを満喫する

 

という流れになります。

 

実際、毎月の請求額は2,000円ほどになりますが、MNPキャッシュバックなど考慮すると、たとえ1年このプランで運用したとしてもスマホの通信費は確実に1000円を下回ることができるはずです。

また、今後は「端末」と「回線」の運用を切り離して考えることができるため、キャリアの敷いているやや複雑な料金システムに頭を悩ますこともなくなります。

仕組みが理解できればとても簡単ですので、毎月のスマホの料金に頭を抱えている学生さんたち、プライベートが完全ぼっちな社会人の皆様は是非検討してみてください。

 

2e0c8b90eb5fa34536a5cfeeb5d8ff847ee0547d1367152216

 

当ブログでは「トラベル×ガジェット」をブログテーマとしていますが、国内海外旅行・ガジェットの他にも、海外で必要な語学の勉強法、そしてガジェットを利用したライフハック記事なども定期的に更新しています。
現時点では「旅行」のコンテンツが少ないですが、代わりに海外旅行時のプリペイドSIM契約手順を各国ごとに少しづつまとめています。>>G-MAP(穴だらけですいません…)
Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

17 thoughts on “ぼっちがスマホ月額使用料を1000円以下にすべきたった4つの理由

  1. chintaro3

    「途中気分が悪くなった人は一度深く息を吸ってしばらく止めてみてください。生きていることが実感できます。」 そこは深く吐いた方がいいなw

  2. strawberryhunter

    ぼっちは無関係。携帯電話のハードウェア,OS,回線業者は自由に選べるようにすべき。SIMロックを解除するのに通信料金3ヶ月分もの手数料をぼったくる制度はおかしい。社会人はたしなみとしてSIMロックフリーを使うべき。

  3. W52SA

     上京ぼっちだけど、おかんとの通話料が3000円/月ほどあるので家族割がなくなると厳しい。
     ちなみにおかんはメールどころか電源の切り方すら怪しいレベルなので、スマホなんてオーパーツを使わせたら家が爆発する。
     やっぱり二台持ちしかないのかな。でも面倒くさそう。一か月間ぐらい格安でスマホを試してみる方法ありませんか?

  4. 世界のぼっち世界のぼっち Post author

    >W52SAさん

    一応楽天では期間限定で初期費用無料サービスをやっています。(ほぼ年中やってますがw)
    http://broadband.rakuten.co.jp/lte/cpn-entry.html
    他にも1ヶ月使いきりのMVNOプランなどあるにはあるのですが、初期費用含めると1ヶ月間で合計4,5千円とあまり意味がないかもしれません。

    楽天で初期費用無料で申し込んで、格安のSIMフリーを入手して1ヶ月2台持ちで様子を見てみてはいかがでしょう。
    https://gspot.in/travel-gadgets/cheaper-unlocked-smaho/

    また何かありましたらいつでも気軽にコメントください^^

  5. W52SA

    >世界のぼっちさん

    返信ありがとうございます。リンク先のSIMフリーですが、どれも在庫切れのようです。でもキャッシュバック狙いで3大キャリアのスマホを買うのは負けの気がする。よく他の人は国内の携帯市場に我慢していられるなあとつくづく思います。みんなリッチなのかな。どうでもいいですがぼっちとリッチって一字違いですね。すいません、調子に乗ってしまいました。

    ところで、お言葉に甘えてお尋ねしたいのですが080や090はどうして真正ぼっち以外は必要なのでしょうか? あと、田舎ではやっぱりIP通話は厳しいのでしょうか? 一応3大キャリアのLTEは来ている地域です。お手数お掛けしますがお願いします。

  6. 世界のぼっち世界のぼっち Post author

    >W52SAさん

    在庫切れのご報告ありがとうございます。そうですね、3大キャリアのスマホの価格設定ははっきり言って尋常じゃないですね。
    毎月払っている額に見合った通信の質が保てているかというと、それもまた疑問に思うこともありますしね。

    真正ぼっち=社会からも孤立している人間
    ただのぼっち=一応社会との繋がりがある

    050などのIP電話からの受信を受け付けない会社などもあるので、080,090は社会生活を営む上で必要不可欠と言ってよいでしょう。

    田舎といわれましてもさまざまですので、もしDocomoの回線を利用したMVNOでの運用をお考えなら、ドコモの通話網(カバーエリア)をチェックしてみるといいかもしれません。

    お役に立てましたら幸いです。

  7. W52SA

    >世界のぼっちさん

    ありがとうございます。大変よくわかりました。自分がヤバいレベルの情弱だということが。
    こちらのサイトでもう少し勉強してから考えてみます。
    寒いギャグにお付き合い頂きありがとうございました。

    少し、ぼっちスマホライフが楽しみになってきました。

  8. 世界のぼっち世界のぼっち Post author

    >W52SA

    こんなマイナーなサイトへ来れるだけでも十分情弱ではないかと思いますがw
    とはいえわかっていただけたようで何よりです。

    ぼっちライフはあまりほめられたものではありませんが、スマホライフは存分にお楽しみください。

    世界のぼっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です