クラウドソーシングでAmazonペイメントをWoocommerce最適化を依頼してみた。

2週間程前にプラグインカスタマイズが完了し、最終的なバグ修正も終えて実用化に移ったAmazon Payment for Woocommerce by WooThemesですが、今のところ何の支障もなく使えています。

 

今回は、某クラウドソーシングサイトを利用して日本人のプログラマーさんに依頼をお願いしたわけですが、仲介手数料込で7万円程でした。クラウドソーシングを利用しての依頼は今回がはじめてだったので、金額自体には最初は高いかなとも思いましたが、下手に海外の安い技術者に頼んで動作不良起こしたら大変なのと、やっぱり決済はECサイトの心臓なのでケチるべきではないなと。

 

決済エラーを吐かなくなった

 

正直これが一番本プラグインを導入してよかったと実感している点です。あまり特定のサービスをバッシングしたくないので今回の記事では触れませんが、今までクレジットカード導入のために色々とWoocommerce用の決済プラグインを試してきたわけですが、Amazon ペイメントは一番使い勝手が良いです。

 

月額費用がゼロ

 

また、月々の支払は売り上げの4%(デジタルコンテンツは4.5%なのでペイパルを使うべし)のみで、月額費用5千円とかはありません。最近ではECキューブ向けのAmazonペイメントが月額5千円という広告を目にしますが、プラグインカスタマイズを外注した方がいいでしょうきっと。

 

 

とはいえまだ完全ではない

 

WooThemesプラグインの仕様なのかわかりませんが、WooCommerce上でアマゾンペイメントによる決済があった際、通知メールに購入者の氏名が表示されないという状況です。最終的にアマゾンペイメントのセラーアカウント画面で決済処理をするので、住所や電話番号を参照してお客様の名前を確認することはできるのですが、メールを見た段階ではややもどかしい感じがしてしまいます。

 

それでもそんなプラグイン欲しいよという方

 

現状 5,980円ぐらいで販売しようかと検討中です。とはいえ不完全なので、致命的なバグがあった場合は外注先に質問を仰ぐ形にはなると思います。興味ある方はいつでも連絡下さい。

 

※SSL等は事前にご準備下さい。

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

2 thoughts on “クラウドソーシングでAmazonペイメントをWoocommerce最適化を依頼してみた。

  1. 島村竜一

    はじめまして

    Amazon Payment for Woocommerce by WooThemes
    に興味があります。

    導入の前に質問があります。

    こちらでお客様が購入した場合
    メールアドレスの取得はできますか?

    教えていただけると助かります。

    よろしくお願いします。

  2. 世界のぼっち世界のぼっち Post author

    ご連絡遅くなりまして申し訳ございません。

    はい、管理画面上で氏名住所メールアドレスなど確認する事が可能です。
    ただ、本プラグインではWP上では氏名が確認できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です