意外と知らない?キャッシュパスポートをうまく使ってマイルやポイントを貯めよう

海外・国内の旅行先でのお土産購入や食事代の支払いをポイントやマイルの貯まるクレジットカードでしている方はもう少なくないはず。でも海外ではカード紛失や盗難のリスクはつきもの。旅行前に予算を決めて、口座へ入金し、そこから引き出すという方法も安全でオススメです。

 

キャッシュパスポート?

 

簡単に言うと旅行用プリペイドカードのことで、発行はトラベレックスジャパン株式会社です。

カード発行の申し込みから、1週間程度で利用可能で4種類のキャッシュパスポートがあります。

 

1.通常のキャッシュカード

2. 銀聯カード(中国へよく旅行へ行かれる方にオススメ)

3. Tポイントが貯まるタイプのカード

4. マイルが貯まるタイプのカード

 

海外での使用は、MasterCard加盟店での料金の支払、またCirrusのマークがある海外ATMからキャッシングカードとしてお金を引き出すことも可能です。また、利用料金を日本円で所定の口座に一定額のみ入金しておけば、万一海外で紛失してしまった場合も最悪の事態は防げます。

もちろん余った残高は有効期限内であれば次回以降も利用でき、精算することで現金として引き出すことも可能です。

 

 

キャッシュパスポートのメリット

 

為替手数料・外貨両替にかかる費用が国内の銀行・金融機関と比べて低めに設定されており、為替手数料はMasterCardの指定する為替レートに4%乗じたものとなっています。

他のオーストラリアドルや中国元などの通貨においても安くすることが可能で、銀行で外貨両替を行うよりも安く外貨を手に入れることができます。(韓国や中国の場合は現地へ日本円を持って行って直接両替するほうがはるかにお得な地域もあります。)

ただ、高額なお金を引き出す際には為替手数料が割高になってしまうため、留学や出張などの中長期滞在者のように少しずつ引き出してなるべく現金を持たないようにと考えている方にはオススメです。

※1日の引き出し限度額は15万円までとなっており、銀嶺加盟店での利用限度額は1日85万円までとなっています。

 

 

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です