アプリ「Google 翻訳」がさらにアラビア語他13ヶ国語での手書き入力に対応

Google-Translate_Logo-580x263

 

Google 翻訳がついにアラビア語での手書き入力に対応しました。

筆記体がメインで使われている国から対応するべきでは、と感じたのは私だけではないはずですが、色々事情があるのでしょう。

今回のアップデートで、アラビア語以外にもモンゴル語タミル語など13カ国の言語での手書き入力に対応したそうですが、日本ではあまり需要がなさそうなこの手書き入力機能。

 

ロシア語を筆記体で書いて認識してくれるのはありがたいのですが、最近では英語の筆記体なんてまぁ見ることもないですしね。

おそらくほとんどの日本人にとっては超マイナーアップデートだったと思いますが、アラビア語学習者にとっては超メジャーアップデートと言っていいのではないでしょうか。

 

ごちゃごちゃ言ってますが未だにアラビア語で挨拶もできない、世界のぼっちでした。

 

フィリピン行ったらアラビア語も勉強しようっと。。

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です