5分で読める「株式投資講座」 ド入門編

 

もう株とかFXの夢物語は聞き飽きた

 

今回はそんなあなたに「株式投資」をしなくても、「株式投資」に必要とされる知識がいかに人生を豊かにしてくれるか解説していきたいと思います。当ブログはコツコツコツコツ稼ぐタイプのお話ばかりなので、ハイリスクハイリターンな一発逆転思考の方にはウケが悪いかもしれませんが、「投資」って実際にやらなくても色々学べることが多いんです。

 

経済、ましてや株なんて興味ないよ、ただのマネーゲームだ!なんて思ってる人も、「株」の動きを読み取ることによってちょっとだけ未来の日本社会を予測できるようになるかもしれません。

また、経済・ビジネスに対し、自分の考えをしっかり持てるようになることで、最終的にあなたのキャリアアップに繋がるかもしれません。

 

 

 そもそも株式投資って?

 

すごく端的に行っちゃうと、新たな収入源です。

 

このサイトの広告と同様、自分の代わりに「サイトが」24時間365日アクセスが絶えない限りチマチマ小銭を稼いでくれます。

記事を書いたりデザインを変更するとき意外は基本的に放置です。

 

株式の場合は、「お金」そのものを動かしてこれまた寝てても収入を増やして…

くれればいいんですが、みなさんご存知のとおり、株はちょっとした拍子でドーンと下がることもあります。

 

o0383021112048654339

脂肪だよ脂肪

逆にガンホーみたいにドカっと上がることもあるので、日本社会では「株式投資」が「ギャンブル」にカテゴライズされてしまっていることもしばしば。

保守的な日本人はなぜか不動産に対しては絶対的な安心感があるみたいですが、基本的には「不動産のプロ」が仲介手数料でガッポリ儲けてるだけだったりします。不動産に関する情報は未だにクローズドなのは否めません。

 

 

株式投資に費やす時間が無い

 

正確に言うと、「リスクを背負ってまで貴重な時間を費やしたくはない」というのが本音だと思いますが、確かに時間を捻出するのは難しいですよね。でも通勤の電車内や、昼休みに経済の記事を読む習慣をつけておくだけでも「株式投資」に関する知識が勝手に増えていきます。ここでただ受動的に「社会人だから」経済記事を読むのと、「株の流れを意識しながら」読むのとでは大きく異なってきます。

たとえ投資をしていなくても、経済に関する見識は、将来の自分にも繋がります。ちょっとずつでいいので株の流れを意識しながら情報を仕入れてみては?

 

 

僕らの味方インターネット

 

それに比べ、世界経済や、企業の動向に関する情報はいつでもどこでも手に入れられるようになりました。もちろん、情報の鮮度は我々のもとに届けられる頃にはすでに落ちているのも確かなのですが、鮮度の落ちた情報の中からも学べることはたくさんあります。

 

株価

 

逆に、毎日ニュースなどで報道されている「株価」そのものには特に意味はありません。語弊が生じたかもしれませんが、株価が意味を持つのは、長期間保有し、「売却」するときだけです。

ですので、株価の動向だけを企業の評価に結びつけるのはたいへん危険です。なので、必ずしも「株価が下がっている=経営難」とはなりません。自分が投資した時点よりも、株価が下がっていてもその株をまた買い増す投資家がいることを考えると自明でしょう。

間違った見識からプライベートなどで軽率な発言をすると、自分の株価を下げることになるかもしれませんよ。

 

 

株式投資によって得られる業界の知識

 

株式投資のだいたいの流れがわかってくると、だんたんと色々な銘柄に手を出したくなるもので、投資先が分散されていきます。

自然と投資先の企業の情報や、その業界に関する知識も広がっていくかもしれません。決してトイザラスに投資するとこどものおもちゃにすっごい詳しくなれるよ!と言ってるわけではなく、その業界のお金の流れが読めるようになってくるということです。

企業間の駆け引きだけでなく、国際情勢や法改正から、季節、はたまたタレントのゴシップまで、とにかくありとあらゆる要素がその企業の株価に影響してきます。

 

 

株式投資のスタイルは種々ありますが、自分にあった生活スタイルで無理なく運用するのが一番です。ゲーム感覚・ギャンブル感覚でやっているといずれ身を滅ぼします。FXで親のカネ溶かしたなんてもう言語道断、末代までの恥です。

 

 

 

それでも「勉強」という意味でなんとなくはじめてみようかなと思った人は、とりあえず最初は自分が普段利用している企業や、個人的にお気に入りの企業に投資してみてはいかがでしょう。

株主優待なんてものももらえて、多少損してもへっちゃらかも。

 

 

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です