ガイジン扱いされないフィリピンでの暮らし

オポ!フィリピンの街ではタガログ語で話しかけられる世界のぼっちです。

最近では日本人ですポと言ってもあまり信用されなくなってきましたポ。

読みづらいのでハポン語に直しますね。

 

非常に開放的

 

フィリピンも日本と同じ島国ではあるのですが、他国の文化やら人間に非常に開放的に思えます。たとえ肌の色や体格が明らかにフィリピン人でなくても、「オマエ○○ジンカ?アッチイケ!」という雰囲気にはなりません。特にマニラなんかだと、外国人に話しかけられてもビクビクするフィリピン人は非常に少ないです。

日本は体格の違う黒人や白人に恐れを抱いている人が結構多いように見受けられますが、植民地支配の長かったフィリピンでは「ガイジン」っぽく扱われる事はあんまり無いように感じます。

もともと大家族の国ですので、いわゆるパーソナルスペースというものも割と狭く、交際してない男女がピッタリ座りあって話しててもそんなに違和感が無いそうです。

日本だとあんまり近いとちょっと距離を置かれますよね?

 

ボクだけですか?

 

 

オポ

 

 

女性はそこまで開放的でもない

人気のガールズユニット「モカガールズ」

人気のガールズユニット「モカガールズ」

保守的とまでは行かないんですが、私が抱いていたイメージほどフィリピン人女性は情事に関してそれほど開放的でないように思います。受けてきた教育のレベルが高ければ高い程この傾向は強くなるようで、フィリピン人でも大卒の女の子は、とってもお堅い感じのコだったりします。

先月フリーになってから、割と何度か食事に誘ったりデートしたり頑張ってみてはいるものの、箸にも棒にもかからない状態です。なんだよ棒って。

フィリピン人女性は開放的!と口走る人間は、たいてい夜の街でのフィリピン人としか関わった事の無いような人間かと思います。

いや、オマエの顔がまずいからだよ。

 

 

そうでしたか…。

 

 

オポ

 

 

ガイジンに話しかけ易くなった

 

日本にいた頃は、外国人が電車の乗り換えなどで困っている様子を見かけても、結構話しかけづらい雰囲気は出てました。無関心を装ってはいるものの、周囲の動向には常に気を張っているあの感じ。あぁ、声かけづらい。

たとえ談笑していても、周囲からは得も言われぬ視線を感じます。

普段一人でいる時は空気のように視認されることのない私が。

こういう雰囲気は、台湾や韓国でも感じた事があります。

日韓台湾どの国も、ほとんど単一文化と言ってしまったいいので、それぞれの国からすれば自然な事なのかもしれませんが。

 

一方でフィリピンにいると、他人に話しかける事にはなんの抵抗もなくなる。

オドオドしてると逆に目立つ。

話す時は声を張って元気よく!

 

フィリピンのクリスマスシーズンは初体験ですが、大きな収穫が得られるよう、色んな行事に参加してこようと思います。

 

彼女が欲しいんですポ!

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です