働かない自由

相変わらずムラの激しい人間で、フィリピンに来てからもガッツリ働いてる時とまったく何もしてない時期の温度差が、いよいよ日本社会に戻れないぐらいに激しくなってきました。

 

既存サイトの更新や決済処理といったルーティンワークこそこなしてはいますが、平日だろうが働きたくない時は、基本的に語学やらピーナとのおしゃべりに時間を費やしています。さすがにお客さんが日本からわざわざお越しになるという時は仕事しますが、そんなに頻繁に来る訳でもなく、問い合わせそのものも月に3,4件程度なので、心地よいサイクルで生活が出来てます。

 

 

お金とか

 

無い時は無いなりに努力していたのは確かですが、フィリピンに来てからは、お金なんてそこそこ稼げてればいいよなぁと、ハングリー精神のかけらもなくなってしまいました。

物価水準は上がってきてはいますが、コンビニの価格や住居などなど、まだまだ日本の半分から2/3ぐらいです。住居はなかなかの品質の割に、お手頃な物件というのが多く、月4万円でも十分満足の行く物件が見つけられます。日本で生活費15万円だった人は、10万円で同水準の生活が送れると思います。自炊でもして切り詰めさえすれば、おそらく半分ぐらいには抑えられます。ただ、インターネットはキレたくなる程遅いです。この国では色々と忍耐力を鍛えられます。

今じゃ忍耐を通り越して諦めてますが。

色々と時間がゆっくり動いている国で、役所ではよく待たされますし、様々な仕事においても待たされる事はかなり多いです。日本人の感覚からすると、とてもユルいです、この国の人達は。国民全員沖縄人とでもいいましょうか。(沖縄人の友達いませんが。)

そんな環境で長く生活していると、日本で稼いでいた額以上に、フィリピンで稼いでやろうみたいな気持ちがだんだん薄れてきます。サンサンの太陽と木陰で感じるそよ風、そこらじゅうはしゃぎ回る元気な子供達、この国の雰囲気は私にとって毒なのかそれとも蜜なのか、そんなこと最早どうでもいいのです。

お金に対する価値観も変わってしまい、少しでも多く稼いでやろうと考えるより、今やりたい事、自分の好きな事に時間を費やす事の方が有意義に思えてきました。元々消費しない人間なので、パソコンとインターネットさえあれば他に何もいらないとすら思ってます。

ただ、不思議なことに自分の好きな事・関心のある事を伸ばしていくことが、結果的に次の仕事に結びついたり、新たな人との出会いに繋がったりしてるようなので、このスタンスが一番効率的なんじゃないかなぁと。

別に今からYouTuberになろうとかは考えてませんよ。

 

 

働きたい時に働く

 

週5日も6日も働かなくちゃいけない理由ってなんですかね。一年の半分近くを労働に費やす事があたかも常識のように考えられていますが、人間誰しも働きたくないときってあると思うんです。働きたくない時に労働を強いられるのって、雇用主・非雇用者どちらにとっても非効率なんじゃないでしょうか。

「今日は働きたくないの?じゃ休んで良いよ。」とならないのが現実社会ですが、日本の生産性の低下は働き過ぎが原因であるような気がしてなりません。

もっと柔軟な労働環境があってもいいんじゃないかなぁと、フィリピンにきて改めて実感しています。

昼間っから仕事にも行かないでトランプ賭博やってるフィリピン人男性もどうかと思いますが。

女性が疲弊する国フィリピンで青春を謳歌し過ぎる男たち

 

 

稼ぐ時期 寝る時期

 

いくつか小さいサイト運営をしていて実感するのは、結果が出るまでの時間はあがいててもしょうがないという事です。果報は寝て待てじゃないけど、ダメだったらダメで次にいかせばいいし、当たったら儲けモンてな感じで、なるようになるさと、そう考えられるぐらいまでにやりきるのが大事です。2週間更新作業、2ヶ月放置とかでも全然気にしない、1年ぐらい放置してるサイトでも収益が上がってる、そんな不思議な世界です。

こちらは実業になりますが、不動産も同じように、稼げる時期、稼げない時期があります。今は円安で正直うんともすんともといった感じです。とりあえず今は賃貸で小銭を稼いでるぐらいです。

何にでも稼ぎ時っていうのはあると思うので、働く事を義務にしないで、思いっきり休んで搔き入れ時にチャージした体力を使い切るっていう生き方が理にかなってるんじゃないかなぁと最近特に強く思うようになりました。

でも最近ちょっと過充電気味の世界のぼっちでした。

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です