ブログで稼ぐとはどういうことか

このブログ開設から2年半も経つのに、広告収入は毎月変わらず月5万円前後を推移しています。世界のぼっちです。

消費税8%へ増税前の月に、最大風速8万円を叩き出して以来、その記録は破られていません。88で末広がりどころか完全にシリスボミ状態の現在です。

 

フィリピン移住後もなんとか月1記事という最後の砦は守ってはいるのですが、いかんせん開設当初のような情熱は正直もう全然ないです。気が向いたら書く。書きたいときに書く。書けないときは書かない。

毎日ブログの更新してる人とか見ると、他にやることないのかなぁと思ってしまいます。まぁそれでおまんま代稼いでるというなら話はまったく別なんですが、これからブログで食っていく!とか気張ってる人たち、副業としてのブログ、しかもその収入の全てがアフィリエイトからとなると、結果が見えてくるようになるまでそれなりの覚悟と忍耐力が求められます。

実際、このブログが月1万円以上の収益をあげるようになったのは開設から3ヶ月ほど経った時期で、おそらくこの最初の3ヶ月が一番記事を書いたりブログカスタマイズなんかに時間を割いていたと思います。

もちろん、WordPressと出会い、ネットでお金稼ぐ方法ってブログだけじゃないんだな、と気づけたのは皮肉ではありますが非常に良い気づきだったと思ってます。ひたすらブログだけ書き続けるのってやっぱり気力体力的にもかなり持久力がいるので、これからブログはじめて億万長者!とか考えている方、まずは自分の特性をしっかり見つめる作業から入った方が、時間を浪費せず済むかもしれません。

 

 

ブログに飽きた日

 

たぶん誰しもが「ブログ倦怠期」を経験するものと思われます。毎日365日ブログをひた書き続ける、そんな人生は嫌だ。少なくとも私はそう思った日が最初の頃からすでにありました。基本的にはインプットした知識なんかを誰もが見やすい形でアウトプットする、そういう訓練の場としても利用するつもりでいたのですが、元々なまけものなので、そんなに毎日毎日何か新しい事なんて頭に入れてません。惰性・惰性・たまに奮起。そんな人生観なのでケツに火がつかない限りは、のらりくらり過ごしてます。強迫観念にかられながら毎日ブログを書いている人のなんと多い事か。

書きたい時に書けばいい。ブログなんて所詮はカキタレみたいなもんです。

ちなみに私が完全にブログから熱が冷めた瞬間というのは、「サイトの運営」の旨みを覚えてからです。

 

 

何か画期的なサービスでも作ったのか

 

未だにPHPもろくに書けない体たらくぶりなので、テーマは基本的にEnvatoやらで良質なものを買ってローカライズしています。Eコマース、SNS、不動産、求人サイト、クラシファイド、クラウドファンディング、とにかくありとあらゆるジャンルの高品質なテーマが高くても60ドルぐらいで手に入ってしまいます。

今でこそ円が安くなってきているので、ちょっと割高に感じるかもしれませんが、同じ機能を盛り込んだ無料のテーマなんてまず日本語で検索してもひっかかりませんから、自分で作ってやろうという情熱も沸き起こりません。誰か優秀なWEB屋さんが何十時間もかけて作ったテーマがたった7、8千円です。どう考えても安いでしょう。

英語圏ではこんな高機能なテーマがあるんやなぁ、よしよしこれを日本語にローカライズして…。

 

それにしても日本では未だに「SEOに強いテーマ」が6万円以上の値で売られている事には、正直びっくりです。

IT先進国のインド人も確実にびっくりすると思います。

インド人もビックリ。

僕の言いたい事きちんと伝わってますか?

 

とまぁ、そんな優良なテーマを使ってサイトをいくつか走らせてみると、ちゃんと問い合わせが来るんですね。

デザインも手を加える必要が無いぐらいにキレイなので、信頼できるサイトに見えるのでしょう。もちろんハリボテのサイトを運営しているだけではそれ以上の進展がないのは事実なんですけどね。提供するサービスや商材あってこそのサイト運営です。SEOはつまるところコンテンツ、中身がなければ誰も反応しません。中身に情熱が詰まってればそれだけ読者の心に訴えかける何かが産まれるんだと思ってます。これはまったく持って個人に対しても言える事で、どんなに自分を大きく見せても、会ってみたら大した事ないな…。そう思われたら次はありません。

 

 

なぜ稼ぐためにブログをはじめるのか

 

もちろん私も最初は、ブログで稼ぎたいという気持ちがあってはじめました。でも今はそういうの割とどうでもよくなってきています。

1つ目の大きな理由としては、自分には向いていないお金の稼ぎ方だなと気づいたのと、労力の割に見返りにあまり期待できないかなと気付いたからです。種々雑多なコンテンツをブログ内にばら撒き続けるぐらいなら、それこそニッチキーワードに絞った不動産サイトでも運営させた方が、はるかに時間的にもコストパフォーマンスは高いと感じました。

そして2つ目は、人との出会いがきっかけです。さあいよいよ人脈すらネット上で構築できる時代になりました。といってもSNSのような軽い感じの人間関係ではなくて、サイトの中身や、自分の考え、生活環境などある程度接点のある人たちからのコンタクトが増えたという事です。このブログからももちろん、「会って話がしたい」「貴様に一言物申したい」そんなお問い合わせがちょくちょく来ます。後者は冗談です。

不思議なもので、こんな社会不適合者でも気に入ってくれる稀有な人は世の中にいて、「変わった事をしている人と話がしたい」と興味を寄せて(旅行ついでに)マニラまで会いに来てくれる方もいらっしゃいます。

それだけでも、このブログを運営していて良かったなと思う次第です。ブログ運営を通じて、広告収入以上に得られたものは非常に多かったです。

 

 

面白い人は面白いコンテンツの塊

 

ブログはあくまでもアウトプットのためのツールです。ブログコンテンツ拡充のためにネット上のあらゆる知識をキレイににまとめて読みやすく紹介。こういうの個人的にはありがたいなと思います。ただ、人間味の無いサイトというのはどうも足が遠のいてしまいがちです。理由はたぶん、つまらないから。

便利な情報や役立つ情報だけを網羅するなら、正直ライターのクセというか、人間性というか、そういうのに殆ど左右されないはずです。それなら日本語の上手な中国人でも雇って情報まとめサイトでも作らせたらいいい。

 

結局は自分の持ってる人間性や知恵、そしてリソースこそが読者を惹きつけ、”ブログ成功”に限りなく近づけるのかもしれません。だからブログで稼ぎたかったら、ネット上でも実生活でもいいから、何か他人がやってないような事、アイデアを形にし続けていくのが近道なんじゃないでしょうか。

 

 

世の中カネとコネ

 

自分が24歳ぐらいからはじめてこのブログ、当初は人脈なんてゼロでした。誇張している訳でもなく本当にゼロでした。世界のぼっちは世界でぼっちでした。家族だけが味方、そんな状態でした。

しかし26歳でフィリピンへ渡り、あーでもないこーでもないしているうちに、いろいろな人たちと接する機会に巡り会えました。普段日本で普通に生活していたら決して会えないであろう人達や、見ず知らずの自分なんかに、本当によくして下さる方々、一人で部屋にこもってブログだけ書いてたらたぶん出会えなかっただろうなと思う訳です。

だから、もしブログで稼ぎたいなんていう邪なココロを捨てきれないみなさん、とりあえず人と少し変わった事をはじめてみて、アウトプットし続けましょう。ブログだけで誰とも会わずに自立して稼いでやるっ!そう思ってる引きこもりの方、もしかしたらいるかもしれません。かつての自分とまったく同じで非常に危険な発想です。一人きりで生きていける体力的にも能力的にも、そして精神的にも恵まれた人間というのは、世界中探してもほんの一握りの人間だけでなんです!

ブログ上では世界のぼっちとか名乗ってますが、まぁ色んな人に支えられてなんとか生き延びています。英語以外の言語を身につけて、世界中どこででも一人きりで生きていけるようになりたいという気持ちからつけたハンドルネームですが、結局収入源は未だに日本がメインですし、去年稼いだ外貨なんてたぶん100万円にも届いてないです。全部フィリピンでの生活費に消えてます。

おかげさまで日本円での貯金は結構できてますが( ^ω^ )ホクホク

 

 

自分という軸

 

ブログも何かテーマがドドンっとわかりやすいとリピーターが増えやすいです。

なんでブログを書くか、そこに一つでも何か軸が無いと、自分自身のモチベーションからまず保てないでしょう。

軸の通ってない人間の周囲に人が集まらないのと一緒です。

 

あぁやっぱりブログなんかじゃ稼げない、全部ハッタリだ。

ん?誰でも月100万円稼げるメソッド…?まずは無料メルマガ登録ふむふむ、

 

騙されるのも良い勉強です。

高い授業料をペイするのにかける時間と、自分でググる時間、どちらの方が短いんでしょうね。

インターネットには、常にカモをひっかける網が色んなところに仕掛けられています。

 

この10万の情報商材を買えば俺も月収100万円プレイヤー…

 

オメデタイ人は別に嫌いじゃないですが、情弱とか貶す以前の次元で、嘘を嘘と見抜けない人は日本にまだうじゃうじゃいると思います。ネットで探せば出てくるような情報(PDF)に果たしてそこまでの価値があるんでしょうか。

実際に購入された方、あまり深くは考えたくないですか?

なら一生カモです。

 

 

 

自分を知ってもらうためにも

 

ブログやサイトは単なるツールであって、誰でも億万長者にしてくれるような神器じゃありません。仮に、100万円目の前に置かれて好きなようにしろと言われて、それを種銭に10倍・100倍にできる人もいれば、逆にFXでたんまり借金こさえてくるような人間もいるわけです。お金を稼ぐ事が目的となると、結局はセンスがものを言う世界なので、結果が出なかった時にやけを起こしかねません。

稼ぐためのブログ運営はきっとすぐ飽きるでしょう。私はそうでした。でも今はお金もちょっとは入るし、人との出会いも得られるから、なんだかんだ書いてて楽しいです。月5万円もあればフィリピンで家賃とネット費用捻出できちゃいます。

勉強のため、と割り切れるなら好きなだけブログを活用してみたらいいと思います。独自ドメインだサーバーだ、SEOだアフィリエイトだなんて後から少しづつ学んでいけばいいんじゃないでしょうか。

ブログからの収益を毎日チェックして一喜一憂するよりは、自分の考えやらに共鳴してくれた人と会って、そこから何か新しい発見やら発想が産まれれば、それだけでブログをやってて良かったって思えるようになると思います。

だから八方美人で歯に衣着せて言うんじゃなくて、言いたいこと言っちゃったらいいと思いますよ。

本心じゃない事言っててもすぐバレますし。

 

企業からお金もらって書いてるとかなら別ですけど。

 

 

ハシタガネ

 

A8やら楽天アマゾン経由で、優れた商品やサービスを紹介して、マージンを得るのもいいのかもしれませんが、それって結局胴元がもらってるマージンのおこぼれでしかありませんから。マージンのマージン。月に30記事、15時間かけて得られたアフィリ報酬が300円。完全な素人だと最初はこんなもんかもわかりませんが、果たして何ヶ月目でブチ切れるでしょうか。

アフィリエイト報酬なんか文字通りハシタガネです。

1千万円も売り上げ出してんのになんで20万円しかもらえねぇんだ!普通の感覚だとそうなると思います。

でもブログだとどこでも作業できるし眠ってる間も稼いでくれるからどんなに料率が低くてもヨシとしてしまいがちです。アフィリエイトは気楽に始められて良いのですが、既存のシステムに疑問を持ち続ける事も重要で、そういう習慣がつけば、たぶん次のステップが簡単に踏み出せるようになるんだと思います。

ニッチな商品に目をつけて代理店契約、Eコマースなんかで販売チャネル作って自分でリスティング打って販路開拓ってやる方が儲かるかもしれませんよ。

 

 

ブログは人生

 

言い過ぎましたね。

ブログはやっぱりカキタレです。

 

これまでダラダラと書いてきた事も、最初はもちろん知識ゼロだったわけです。きちんと咀嚼して自分のものにできるようになるまでは、正直色々と失敗する機会が多かったです。その失敗の機会を得る場が、このブログだったというのは紛れ間もない事実です。自分の次のステップへの踏み台・気付きを得る学びの場として活用する分には、それこそ勤勉な人であれば毎日ブログというスペースに吐き出し続けるだけの価値はあると思います。

 

ブログで稼ぐってどういう事かっていうと、自分自身が稼げる人間かどうか見極める作業をひたすら反復している、そんな感じにも近いかもしれません。

 

あまり頻繁に自分を見つめ直すと鬱になりそうなので、やっぱり月に一回ぐらいがちょうど良いのかな。

 

だから今後も、このペースで…。

Pocket

世界のぼっち

About 世界のぼっち

国外での出稼ぎで適当に稼げたので、アジアで長期バカンス中。日本社会に復帰する気など毛頭御座いません。面倒臭い取材やら乞食まがいのご相談も一切対応しません。しばらくタイ語はじめとする言語の強化に集中します。ニンゲンコワイ

世界のぼっち のすべての記事を読む→

これらの記事も読まれています

まずは3ヵ月やってみよう

One thought on “ブログで稼ぐとはどういうことか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です